Fallout Wiki
Advertisement
Fallout Wiki


Vault-Tec: Vault技術の第一人者にして最後の名前。— 会社のスローガン[2]

Vault-Tec社、通称Vault-Tecは、大戦争前の防衛企業であり、アメリカ合衆国政府からVaultと呼ばれるバンカー網を設計・施工する契約を獲得した企業であった。大戦争時点で、アメリカ最大の企業であり[3]、評価額は推定1兆ドルに達し、無数の業界や事業に関与していた。その富は、10年間の中米戦争で破産寸前のアメリカ政府に対して巨大な影響力を持っていた。[4]

その結果、この企業はアメリカを失敗した国家と見なし、優先順位を変更した。数百億ドルがプロジェクト・セーフハウスに費やされ、Vaultは巨大な無害な社会実験の場として利用され、本来の計画ではエンクレイヴの宇宙探査及び火星開拓のためのデータが収集される予定だった。[5] ところがこの過程でドイツのクローナハから呼び寄せたVault実験総責任者の魔術師の異名を取る天才科学者Dr.ブラウンことスタニスラウス・ブラウンが暴走した結果、複数の企業体が絡んだとは言え、本来の計画から大きく逸脱した彼独自の悪夢の社会実験が実施されてしまう。この過程でエンクレイヴすらも実験対象として選ばれてしまう。アメリカに対する信頼の欠如はあまりにも大きく、企業の重役の一人、バーブ・ハワードは、自らが大戦争を引き起こし、新しい戦争のない世界を創造することを検討するほどだった。 核戦争によりVault-Tec自体は機能を停止し、Vaultがその住民を保護することに失敗した。[6][7] 地表の住民からは富裕層の避難所と見なされ、嫌われていた。[8] 一部のVault-Tecのメンバーは、Vault 31で冷凍睡眠に入り、バド・アスキンズの計画の一環として戦争を生き延びた。[9]

この企業は時折Vault-Tek[10][11][12]VaulTek[13]と呼ばれることもあるが、Fallout 3以降は一貫してVault-Tecと綴られている。ホロテープの字幕ではVault-Techと書かれていたが、これは単なる誤字である可能性がある。

背景[]

F76 Vault-Tec University

Vault-Tec大学(モーガンタウン)

起源[]

不確実な未来のために安全性を革新する。— Vault-Tecのバナースローガン[14]
See also: Vault

アメリカの卓越した核防衛企業は2031年には存在しており、モーガンタウンの地元大学を買収してVault-Tec大学と改名し、彼らのトップエグゼクティブや科学者の一部がそこで教えたり卒業したりしていた。[15] この投資は2050年代初頭に報われた。欧中東戦争新しい疫病国連の崩壊が全国的な恐慌を引き起こし、政府はプロジェクト・セーフハウス[16]を2054年に始動させた。[Non-game 2] この大規模な国家防衛事業は、核戦争、飢饉、パンデミック、洪水、または隕石衝突の際に人口を保護するためのシェルターを作ることを目的としていた。[Non-game 3] Vault-Tecはどのような事態にも備えていると宣言していた。ロサンゼルスのデモンストレーションVaultが成功し、その当時本社があったロサンゼルス近郊に建設されたことに続いて、企業はシェルターの建設契約を勝ち取った。[Non-game 4] Vault-Tecはこの大成功により、ワシントンD.C.に新しい本社を建設した。[17]

困窮した政府は、プロジェクトをジャンク債で資金調達した。それでもアメリカ全土で、たった122戸のシェルターしか委託しなかったため、ホロコーストが発生した場合に人口の0.1%未満しか救うことはできなかった。[Non-game 1] またVault 13の予算は4000億ドルで、その建設が終了するまでに総費用は6450億ドルに達し、初期の予算を150%以上上回った。[Non-game 5] 膨大なコストはさらに増大し、国家防衛の重要な要素として、プロジェクトの多くは機密扱いされ、新改正スパイ法の下で保護されていた。[Non-game 6] 企業は広範な特権を与えられ、Vaultが起動された場合、民間警備員が殺人をも容認する強大な力を使用することが許可された。[18] 適切な監督がないままだったので、あらゆる不正につながり、[19][20][21] 汚職、[22][23] 横領[24]が戦争前のプロジェクト・セーフハウスを特徴づけており、恐ろしいVault実験が行われる前から既に存在していた。それでも、Vault-Tecは最先端の技術を数多く生み出し、住民を正当に保護するシェルターを開発することができた。[Non-game 7]

これらの奇跡の一部は建設技術の突破口として現れ、巨大なバンカーを迅速に建設することが可能となった。[Non-game 8] ほとんどのVaultは2063年までに完成したが、いくつかは建築が遅れ、特にVault 13(2063年8月に建設が始まった)とワシントンD.C.周辺のネットワークで遅延が発生した。[Non-game 9] いくつかのVaultの建設は作業停止のため遅延した。[25] これらの問題にもかかわらず、Vault-Tecは新たに併合されたカナダでVaultを宣伝し始めたが、これらは初期段階にあり、完成など遠い夢の話だった。[26] さらに、他の企業との提携が続き、例えばRobCoインダストリーズはVaultの住民向けに個人情報プロセッサを提供した。彼らの共同事業はその種の中で最も成功し、[1]Vault-Tecのシニアジュニア副社長兼「HR R&D」マネージャーのバド・アスキンズによってライセンスされていた。入場システムとの統合により、彼らはVaultインフラの永久的に関わることになった。[27] 中米戦争の過程で、Vault-Tecはアメリカ最大の企業となり、[3] 彼らの力と影響力を維持するために、資源戦争を継続させる手段を講じた。例えば、リー・モルデーバーが主導したコールドフュージョン研究を買収して埋めるなど。[28]

暴走[]

2070年代後半までに、Dr.ブラウンはアメリカを失敗した国家と見なして、Vault-Tecに協力させざるを得ない形にし独自のVault計画を進めたが結果としてDr.ブラウンは暴走した挙句に人命と人権を完全に無視した独自の社会保全プログラムを実施した。Vault-TecとDr.ブラウンが中心となり完璧な戦前のアメリカを文字通り完全なる形で創造すると言う凄まじい計画であった。そのためにDr.ブラウンはG.E.C.K.(Garden of Eden Creation Kit)を開発し自分達が選んだ各Vaultに設置した。代わりに、Vaultはさまざまな目的を持つ巨大な社会実験の場となり、最も穏健な目的は住民の運動を社会的に有用な活動に変換する技術の開発や、住民の気分を操作すること、あるいは原始的な形態の精神操作を生み出すことであった。[29] 短期間な反復が人命よりも優先され、Vault 88は実験場として2078年初頭に稼働する予定であった。実験データはその後、四半期ごとに他のVaultで展開される予定であった。[30] 倫理的な懸念は生産的でないと見なされ、狭量とされた。[31]その全てはDr.ブラウンの理想とし愛していた完璧な戦前の世界の復興のためなのだった。戦前の世界を多分、世界の誰より心底から愛してはいたものの愛していたのは戦前の世界だけなのであって今現在の彼にとって人間は単なる添え物に過ぎずモルモットか自分の完璧な戦前の世界を作る道具としか見ていない性格を持つ。

最終的には、計画はさらに大規模になった。エンクレイヴは、核戦争で荒廃した世界を復元するのではなく、他の惑星に移住するための多世代宇宙船を作成するために実験から収集されたデータを使用したいと考えていたが実態はそのエンクレイヴすらも実験対象とされた。[Non-game 10] [Non-game 11] スタニスラウス・ブラウンが指揮する社会保全プログラムと呼ばれる彼独自の計画の一環として、[32]17のVaultだけが正しく機能するように設計されていた。[33] 残りの105のVaultはさまざまなシナリオを持ち、煩わしいものから致命的なものまで、人間がこれらのシナリオでどのように行動するかを評価し、Dr.ブラウンにデータを提供することを目的としていた。[Non-game 12] いくつかは人口に対して十分な食料合成装置が提供されず、他のものは男性だけで構成されていたり、早期に開くように設計されていた。生命の喪失は得られるデータに比べれば無意味であった。[34]しかし彼等エンクレイヴさえもDr.ブラウンの考える理想とした戦前の世界を創造すると言う社会保全プログラムのためのモルモットに過ぎないのだった。

Vault-Tecの経営陣は、バーブ・ハワードバド・アスキンズを中心に、核戦争を機会として利用し、Vaultを使って人類に最適な条件を実験的に決定することで、人類を再定義するための別の計画を持っていた。ハワードはこれを「競争の精神」と呼んでいた。このアイデアは、アメリカで同じ考えを持つ最大の企業に提案され、[35] ビッグMTREPCONNロブコウェストテックなどが参加し、複数のVaultを獲得し、独自の社会実験を行う機会を提供された。[36] 実験が行われることを確実にするために、ハワードはこれらの巨大企業が意図的に核戦争を引き起こし、意図的に設計された社会が紛争や戦争を排除する形で生まれることを提案した。[37] 彼女の提案にかかわらず、監督者に秘密の命令が出され、Vault 76の監督者はアパラチアン自動発射システムを制御し、軍から核兵器を奪うよう指示された。[38]

差し迫った核戦争[]

Vault-Tec directors

Vaultセラーズ・サバイバルガイドエピソード「ようこそ我が家へ」で見られる2077年の年次取締役サミットのメンバー

当然ながら、これらの計画は公表されず、Vault-Tecは2077年1月にアメリカで最も明るい未来を持つ企業に選ばれた。[Non-game 13] 平和交渉の噂が一時的に売上に影響を与えたにもかかわらず。[39] アンカレッジ解放後、核対立の不安から株価は急上昇した。[Non-game 14] Vault-Tecはこれを利用し、単一のVaultスペースを販売した。[Non-game 15] 一部のアメリカ人は状況の重大さに気づいた。政府が緊急計画全体を外注した民間企業として、Vault-Tecには投資家に対する受託責任があり、利益を上げる必要があった。資源戦争や特に中米戦争の平和的解決策は、核戦争の脅威を取り除き、Vaultの必要性を消し去り、企業の利益を損なうだろう。この逆のインセンティブにより、Vault-Tecは戦争が続くか、核戦争が勃発することを望む理由があった。特に政府が破産し、企業に比べて無力であったためである。[4]

Vaultの人気が続いているにもかかわらず、完了したVaultでの訓練は人口の間で「オオカミ少年効果」を引き起こし、訓練への参加率は時間とともに低下し、Vault-Tecの計画にかかわらず、Vaultが人類の生存を確保する将来の役割を制限した。[Non-game 9] 作業停止、市民の不安、その他の問題も実験計画の実施に影響を与えた。2077年10月23日に大戦争が起こったとき、いくつかのVaultはまだ完成しておらず、「オオカミ少年効果」により、Vaultに入る人はごく一部にとどまった。[Non-game 16] 一方、エンクレイヴの壮大な計画は状況や内部からの干渉によって頓挫した。計画の中心であったホワイトスプリングはネットワークから切り離され、計画は破綻した。[40] アスキンズの計画はある程度成功し、Vault 313233が予定通りに人口を増やし、封鎖された。しかし、実際の生命の損失は予測された90%に達せず、[41] 生存者は地表に再定住を始めた。2091年、クリア信号を受けてVault 8が開き、Vaultシティが設立された。[Non-game 17] 1年後、LAの廃墟にあるデモンストレーションVaultが開き、住民はアディタムを設立し、これはボーンヤードとして知られるようになった。[Non-game 18][Non-game 19]

Vault 31 cryo

Vault 31で冬眠中の様々なVault-Tec社員

その結果、核戦争を利用して白紙状態に戻し、社会を再定義するという経営陣の野心的な計画は実現しなかった。Vaultは次の数世紀にわたって失敗し、破産した巨大企業の施設はサルベージの主要な供給源となり、Vaultは単なる背の高い話と見なされるようになった。[6] そして、世界が燃える中で金持ちが隠れるための穴に過ぎなかった。[8] その結果、Vault 31とその経営陣は地下に封鎖されたままとなり、[5] 地表は繁栄し、新カリフォルニア共和国が戦後初の国家として誕生した。しかし、Vault-Tecの影は消えなかった。ローズ・マクレーンVault 32から逃げ出し、NCRの存在を発見した後、彼女は無意識のうちに一連の出来事を引き起こし、元夫ハンク・マクレーンによってシェイディ・サンズが破壊され、共和国は混乱に陥った。[42][9]

企業モデル[]

Vault-Tec Industries

Vault-Tecの企業ビル

Vault-Tecの主な焦点は、核戦争防衛施設のラインとそれらの建設に必要な技術の開発であった。最も認識されている製品は尊敬されるVaultであるが、企業はシリーズ1000シェルターなどのより安価な代替品も開発し、地下バンカーを建設するための信頼できる実績のあるパイプラインを必要とする他の団体に技術を提供していた。[43] 重要な建設や地下での人口維持に必要な技術以外にも、Vault-Tecは核反応炉、[44] 臓器摘出装置[45] モーションセンサーワッツ・エレクトロニクスの設計に基づく)、[46] そして、Vault住民を外の世界に慣れさせるためのSimTek 5000仮想現実シミュレーションスイート[Non-game 20] そして、あらゆる脅威に対処するためのVault-Tecアシストターゲティングシステムを開発した。[Non-game 21] 他の独自の発明もVault住民の生活の質を向上させるために設計されており、SimuSun照明、FloorSuckオートクリーナーシステム、Culinator 3000キッチンシステム、エンターテイナートロンルーム、Eye-On-You監視カメラなどが含まれている。[47]

Vault-Tecの技術は最高の状態では一般的に信頼性が高く、高品質であり、広く採用された。しかし、Vault-Tecは利益を最大化するために多くの重要なVaultインフラの要素を外部委託し、最低入札者を選んだ。最も悪名高い例がウォーターチップである。[19] この外部委託の一部は長期的なパートナーシップにつながり、RobCoはPip-Boyを提供し、歴史上最も成功した共同事業を形成し、[1] ゼネラル・アトミックスはVault-Tecが提供できない場所に核反応炉を供給し、[Non-game 1] ラディエーション・キングはVaultのためにテレビセットやその他の家電製品を提供した。[Non-game 22]

Vaultにスペースを購入することができないか、資格がない大多数の人々のために、Vault-Tecは「最も人道的な」製品であるプランD、バナナ味のシアン化物を開発した。[48]

部門[]

F76 Future-Tec

Vault-Tecの一部門、Future-Tec

Vault-Tecの一部門であるFuture-Tecは、Vault住民が核後の恐怖に立ち向かうための最先端技術の開発を任されていた。彼らの最高の成果はG.E.C.K.であった。[Non-game 23]

  • Budg-Tec[49]
  • Future-Tec
  • ホーソーン医療研究所[50]
  • 心理学研究部門[51]
  • 社会科学部門[52]
  • Vault-Tecアメリカ独立300周年委員会[53]
  • Vault-Tec映画部門[54]
  • Vault-Tecゲームスタジオ[55]
  • Vault-Tecグラフィックス[要出典]
  • Vault-Tecインダストリーズ[56][57][43]
  • Vault-Tec地図部門[58]
  • Vault-Tecメディア部門[Non-game 24]
  • Vault-Tec宣伝部門[Non-game 25]
  • Vault-Tec広報部門[Non-game 26]
  • Vault-Tec公共関係部門[26]
  • Vault-Tec科学サービス[Non-game 27]
  • Vault-Tecセキュリティ[59]
  • Vault-Tec特別プロジェクト部門[60]
  • Vault-Tec加入者インコーポレーテッド[要出典]

マーケティング[]

Icon Fo4 side quest

Vault-Tecのマスコット、ボルトボーイ

FOTV Barb Thomas episode 3 photo

Vault-Tecの初撮影時のクーパー・ハワード

Vault-Tecは戦略的防衛請負業者であったが、アメリカの生活様式の生存を保証する全米的な企業としての公共イメージを慎重に作り上げた。企業のマスコット、ボルトボーイボルトガールは全国的に認知され、クーパー・ハワードはシノアメリカ戦争初期のベテランであり、映画スターであり、会社のスポークスパーソンに選ばれた(彼の妻による説得の後)。宣伝写真撮影やVaultを宣伝するテレビ広告に出演し、「世界の終わりの広告塔」として知られるようになり、最終的にはハリウッドの演劇界から疎外された。[61]

AmongTheStars-VaultEntrance-NukaWorld

ヌカワールドのアトラクション、仮想のArcturus I前哨基地におけるVault-Tec技術の潜在的な使用を示す

最も野心的な取り組みは、首都の技術博物館で大規模な展示を行い、シェルターの宣伝とその機能の説明を行うことであった。[47] また、アマング・ザ・スターズアトラクションは、宇宙植民地におけるVault-Tec技術の特許技術の潜在的な応用を強調し(核戦争が発生しなかった場合にVaultへの大規模投資を合理化するため)、ヌカワールドでの展示も行われた。[62] このアトラクションは、電磁放射、潜在的メッセージ、空中毒素、シータバンド放射を使用して人間の行動を操作するための「プロジェクト・コンシューマーガイダンス」と呼ばれるテストエリアとしても機能した。Vault-Tecは限定的な成功を収め、主に従業員に重度の頭痛を引き起こすことに成功した(以前の反復ではうつ病や自殺が発生していた)。訪問者にも軽度の医療問題が発生した。[63][64] 他の注目すべき提携には、ギャラクシー・ニュース・ネットワークとの10年にわたるパートナーシップ契約があり、これはVault 33が2077年1月に公開されたころに締結された。[Non-game 29]

会社はまた、従来のプロモーションツアーや準備のためのプレスド・Vaultスーツ賞の授与などにも投資し、会社のポジティブなイメージを促進するために使用された。[65] Vault 76は、アメリカの生活様式を保存するVault-Tecのコミットメントとして強力に宣伝され、アメリカの独立300周年に公開された。[66] Vaultを宣伝するために、野球帽、ランチボックス、Tシャツ、レザーボンバージャケット、ゴルフティー、ドリンクコージー、Vaultボーイのボブルヘッド(および対応するボブルヘッドコレクタースタンド)、さらには全国のランドマークを紹介する限定版スノーグローブなど、大規模な商品ラインが作成された。[67]

将来の住民は、Vault-Tecのホットライン(1-888-4-82858832(1-888-4-VAULTTEC)、[68] 213-258-2858[note 1](213-25-VAULT)、[69] KL-5743)を通じてVaultと潜在的なポストに関する情報を受け取ることができた。[70]

従業員関係[]

しかし、Vault-Tecの従業員にとって現実は全く異なっていた。従業員はVault-Tecの従業員ハンドブックを受け取り、会社やその手続きについてすべてを詳細に説明し、トイレ休憩に至るまで規定していた。この規定は厳しく抑圧的であり、Vault-Tecの人事および管理部門はトイレ休憩の時間を2.25分(135秒)と合理的な長さと見なしていた。搾取的で虐待的な労働慣行が常態化していたようだ。[71][72] 従業員はまた、倫理的でない医学実験の対象となることがあり、例えば、前述のヌカワールドや他の場所でのテストでうつ病や自殺を引き起こす可能性があった。これらは標準的な慣行として隠蔽された。[63][64]

政府の戦略的防衛請負業者として、Vault-Tecの業務および関連するすべての出版物(例えば、Vault住民の生存ガイドなど)は、新改正スパイ法によって保護されており、内部告発の試みは企業よりも内部告発者に害を及ぼす可能性が高かった。[Non-game 6]

訓練[]

Vault-Tecは、Vaultに含まれる市民を選定するための訓練を実施し、自前の警報システムを運営していた。ベータ警報訓練は定期的に(時には週に5回も)実施され、入場プロトコルをテストし、将来のVault住民がAlpha警報時に秩序ある入場を準備するために行われた。実験スタッフのメンバーは毎回訓練に参加することが求められていた。[73] 科学者(しばしば卒業生や学生)には多額の給与が提供され、従順さと秘密保持が達成された。[74] 内部告発を決断した場合の暗黙の力の脅威も追加された。[75]

製品[]

Vaultとシェルター機器[]

Vault-Tec water pump

Vault-Tecウォーターポンプ

  • Vault
  • シリーズ1000シェルター
  • Vault-Tecシェルター
  • Vaultの設備と供給品、食糧合成装置を含む
  • Vault-Tec反応炉
  • ウラン核反応炉[44]
  • Vault Star スーパー反応炉
  • ソーダファウンテン
  • フォロプター
  • Vault-Tecウォーターポンプ
  • Plan B - Budg-Tecポップアップシェルター[76]
  • Plan C - Vault-Tecスタンプ入り段ボール箱[76]

コンピュータ[]

  • ZAX AIユニット
  • ARIC-4 AI
  • トランクィリティ・レーンシミュレーション
  • Vault-Tec「Shop-Tec」コンピュータ化取引システム自販機[Non-game 30]

消耗品[]

FalloutS1E2-PlanD

プランD、人々が核後の生活を耐え忍ぶ必要がないようにする安価な方法

  • 栄養代替ペーストプログラム(NAPP)食品ペースト[Non-game 31]
  • プランD - バナナ味のシアン化物

荒れ地の再生[]

F76 GECK

荒れ地に生命を取り戻すためのG.E.C.K.(ガーデン・オブ・エデン創造キット)

  • ガーデン・オブ・エデン創造キット(G.E.C.K.)、Future-Tecが開発
  • Vault-Tecアシストターゲティングシステム("V.A.T.S.")
  • C.A.M.P.
  • マイスタッシュボックス
  • スクラップボックス
  • Vault-Tec供給パッケージ
  • Vault-Tec人口管理システム

書籍とマニュアル[]

VSSG Holy Bible

Vault-Tec版聖書

  • サバイバルハンドブック、Vault住民の生存ガイドを含む
  • Vault-Tec従業員ハンドブック[77][78]
  • Vaultボーイの子供向け大笑いの本
  • Vault-Tec版聖書
  • 君は特別だ!

エンターテイメント[]

商品[]

  • Vault-Tec野球帽[79]
  • Vault-Tecドリンクコージー[80]
  • Vault-Tecプロモーションランチボックス
  • Vault-Tecレザーボンバージャケット[81][82]
  • Vault-Tec Tシャツ[83]
  • Vault-Tecゴルフティー[84]
  • Vault-TecプロモーションVaultボーイボブルヘッド(幹部専用)
  • Vault-Tecボブルヘッドコレクタースタンド
  • Vault-Tec限定版スノーグローブ
  • Vault-Tec目覚まし時計

場所[]

  • Vault 1-122
  • Vault-Tec本社ヴァーノンスクエアワシントンD.C.に所在
  • Vault-Tec地方本社ビーコンヒルボストンに所在
  • アマング・ザ・スターズ、現代のVault-Tec設備を使用して潜在的な宇宙Vaultを展示するヌカワールドのアトラクション
  • Vault-Tec大学モーガンタウンウェストバージニア州に所在、VTUとも呼ばれ、全国のVaultのための潜在的なVaultスタッフと監督者を訓練するために使用された
  • Vault-Tec農業研究センターフラットウッズ、ウェストバージニア州近くに所在
  • Vault-Tec倉庫ロス(非公式)に所在

登場[]

Vault-TecのVaultと技術は、すべての『Fallout』ゲーム、テーブルトップタイトル、および『Fallout』テレビシリーズに登場する。

注釈[]

  1. この番号は実際に接続されており、電話すると男性の叫び声のオーディオクリップが再生される。

舞台裏[]

  • Vault実験は、『Fallout 2』開発初期段階でティム・ケインによって考案されたアイデアである。[Non-game 4][Non-game 12]
  • プレイヤーキャラクターは、Vault 8Vault 13のコンピュータに隠されたファイルを発見することで、Vault-Tecが大規模な社会実験に関与していたことを明らかにすることを意図していた。これらのファイルには、それぞれのVaultの目的と歴史が記載されていた。[Non-game 1][Non-game 33]
  • 『Van Buren』では、開発者たちはエンクレイヴでさえもVaultが誰も救わないことを当てにしていなかったことを示し、ブルームフィールド宇宙センターを占拠し、ヘルメス-13を改造してエリートを地球外に連れて行く計画を立てていたことを示そうとしていた。[Non-canon 1]
  • 未完成の『Fallout』映画では、Vault-Tecが戦争を意図的に開始したというアイデアがプロットの一部であった。このアイデアは2024年のテレビシリーズで復活したが、Vault-Tecが実際にそうしたかどうかは曖昧に保たれた。バーブ・ハワードは意図的に核イベントを引き起こして世界を再定義するアイデアを浮かべ、バド・アスキンズノーム・マクレーンに「地表をきれいに掃除した後」と言ったが、それがVault-Tecのことを意味していたのか、人類全体のことを意味していたのか、またはそれを行動(爆弾を投下すること)や不作為(戦争を止めないこと)によって達成したのかは不明確であった。
  • 『Fallout 2』のイントロに登場するVault-Tecビルは、映画『Dick Tracy』からの静止画をリサイズしてわずかに修正したものである。[Non-game 34]
  • 『Fallout』シリーズ以外では、Vault-Tecのロゴは2016年のリブート版『Doom』(ベセスダ・ソフトワークスが発行)で、火星のUAC施設の特定のドアに登場した。Vault-Tecは『RAGE』でも言及されている。[Non-game 35]
  • Vault-Tec本社として言及される場所は、『Fallout Bible 3』および『Fallout: ロールプレイングゲーム』のルールブックに記載されている。[Non-game 36][Non-game 4]
  • 「Vault-Tec文書部門」は、『Fallout』マニュアルおよび『Fallout 4』マニュアルで言及されている。[Non-game 37][Non-game 38]

ギャラリー[]

Fallout 2[]

Fallout 3[]

Fallout: New Vegas[]

Fallout 4[]

Fallout 76[]

Magic: The Gathering[]

参考文献[]

  1. 1.0 1.1 1.2 Vault 101 PAシステム: "ご存知ですか:Vault-TecとRobCoの提携は、アメリカ産業史上最も成功した共同事業とされています。"
  2. VICENCOM.MSG
  3. 3.0 3.1 ミス・ウィリアムズ: "Vault-Tecはアメリカ最大の企業です。終末を売ることで多くの金が動いています。"
    (The Radio)
  4. 4.0 4.1 クーパー・ハワード: "先週の夜、パーティーに来れなかったのは残念だな、チャーリー。会議でもあったのか? 共産主義者の集まりか? 北で一緒に戦ったとき、あんなくだらないことのために人々が死ぬのを見たんだぜ。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "そうだな、何のために?"
    クーパー・ハワード: "どういう意味だ? アメリカンドリームのためだ。俺たちは俳優だ。映画を作るんだ、チャーリー。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "そうだな、アメリカンドリームは俺が一日中お前に撃たれることだ。"
    クーパー・ハワード: "お前はタルザナに5エーカーの土地を持ってる。いい暮らしをしてると思うぜ。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "関係ない、クーパー。Vault-Tecは悪魔だ。"
    クーパー・ハワード: "俺の妻がそこで働いてるんだ。本当にバーブが悪魔だと思うのか?"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "いや、いや、バーブは好きだよ。だが、「受託責任」って意味が分かるか?"
    クーパー・ハワード: "受託責任?"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "ああ。"
    クーパー・ハワード: "いや、全くわからない。俺はカウボーイを演じてるんだ。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "つまり、アメリカ政府は人類の生存をVault-Tecに外注したんだ。Vault-Tecは投資家のために金を稼ぐ義務がある民間企業だ。そしてどうやって金を稼ぐか? Vaultを売るんだ。"
    クーパー・ハワード: "それが資本主義だ、チャーリー。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "だが、平和交渉が成立すればVaultは売れない。だからVault-Tecはそれを阻止する義務がある。"
    クーパー・ハワード: "どうやって阻止するんだ?"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "わからない。ジョニー・モートンとの映画を覚えてるか...お前が保安官で俺がインディアンを演じたやつだ。"
    クーパー・ハワード: "そんなこと言うな。タルハンド・マッドレイクは馬と話せたんだ。お前はそれを優雅に演じた。素晴らしい役だった。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "モートンはミズーリの半分を所有する牧場主を演じた。そして、牧場主が保安官よりも力を持つとどうなる?"
    クーパー・ハワード: "町全体が焼き尽くされる。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "そうだ。Vault-Tecは1兆ドルの会社で、全ての半分を所有している。そして10年の戦争の後、アメリカ政府はジョークよりも破産している。牧場主が支配している、クーパー。"
    クーパー・ハワード: "そんなことないだろ。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "人々が何かしない限りな。"
    クーパー・ハワード: "全てが陰謀だと言いたいのか? まるでカルトにいるみたいだぞ。"
    チャールズ・ホワイトナイフ: "そしてお前は世界を燃やす準備ができているシステムを擁護している、クーパー。もしかしたらお前がカルトにいるのかもな。聞け。集会に来るべきだ。妻が働いている場所の真実を知るべきだ。彼女のために。"

    (The Trap)
  5. 5.0 5.1 Norm MacLean: "これは父さんの出身地か?"
    バド・アスキンズ: "そんなことは決してわからない。ああ、彼は知るだろう。これがバドの仲間たちだ。俺の仲間たちだ。アメリカはこの国の生存を民間に委託した。しかし、失敗した国家を存続させるのは狂気の沙汰だ。だからVault-Tecを存続させたんだ。私の助手トレーニングプログラムからの高度に監督されたジュニアエグゼクティブたちのよく訓練されたスタッフによって。人類の未来は一言に尽きる:マネジメント。
    (The Beginning)
  6. 6.0 6.1 Vaultの住民: ""{126}{}{私の名前は }" (プレイヤー名) "{127}{}{です。北から来ました。}"
    キリアン・ダークウォーター: "{129}{Kill03}{その方向には砂漠とShady Sandsしかない。そこ出身か?}"
    Vaultの住民: "{130}{}{いいえ。Vaultから来ました、西にあるVaultです。}"
    キリアン・ダークウォーター: "{136}{Kill05}{ああ、そうか。赤ん坊の頃、君のベッドは金庫だったんだな。}"
    Vaultの住民: '"{137}{}{違います、違います。それはVaultと呼ばれます。戦争から私たちを守ってくれました。80年間人々を収容してきました。}"
    キリアン・ダークウォーター: "{139}{Kill06}{気にするな、それは最悪の話ではない。で、何をして欲しい?}"
    (KILLIAN.MSG)
  7. カットコンテンツ ランス: "{116}{}{こんにちは、見知らぬ人。何をしに荒野に来たんだ? どこから来た?}"
    Vaultの住民: "{120}{}{Vaultから来た。ラッキーVault 13だ!}"
    ランス: "{166}{}{そうかい。俺が知る限り、全てのVaultは破壊された。もっとまともな話をしてくれ。}"
    (LANCE.MSG) カットコンテンツ
  8. 8.0 8.1 マー・ジューン: "で、いつアメリカを救うつもりだったんだ? Vaultは金持ちが隠れるためのただの穴だった。残りの世界が燃える間にな。"
    ルーシー・マクレーン: "私たちVaultの住民は、自分たちが特権的な立場に生まれたことを認識し、感謝していますが..."
    マー・ジューン: "Vaultについてここで何と言われているか知っているか?"
    ルーシー・マクレーン: "何?"
    マー・ジューン: "Vaultなんてクソくらえ。"
    (The Target)
  9. 9.0 9.1 Fallout シーズン1 エピソード8: "The Beginning"
  10. 選ばれし者: "{323}{}{ヴィックが『Vault-Tek』とラベルされたものを持っていたか?}"
    ジェニー: "{390}{}{Vault-tek?そんなもの持っていたかもしれないな。確かじゃないけど、古いものをたくさん持っていたことは知っている。}"
    (ジェニーの対話)
  11. DataPlex 2000 SmarTerminal: "{242}{}{大統領のセキュリティパスキー認識、こんにちは、大統領。非常事態対反乱プロトコルが開始されました(**故障**)このレベルでのセキュリティリンクがオフラインです。修理サービスを承認するにはフォームFG-I-106-32-0635を提出してください。Vault-Tekの製品をお使いいただきありがとうございます。良い一日を。}"
    (DataPlex 2000 SmarTerminalの情報)
  12. Vault Power Nodes: "これらの発電機は現在オフラインです。Vault-tekは引き起こされる可能性のある問題についてお詫び申し上げ、すべてのシステムができるだけ早く稼働することを約束します。部品の供給を待っており、到着予定は2.274年後です。"
    (MIS 25 Speech.txt)
  13. Falloutのマスターエンディング
  14. 技術博物館のバナー
  15. Fallout 76のロード画面: "2031年、Vault-Tecはモーガンタウンの地元大学をVault-Tec大学と改名し、彼らのトップエグゼクティブや科学者の一部がそこで教えたり卒業したりしていた。ゴー・ファイティング・ウェンディゴ!"
  16. ウッズ・エステートの端末エントリー: "Vault Tec - プロジェクト・セーフハウス
    ウッドさん、
    あなたの質問にお答えします:
    1. はい、あなたと息子の両方のためのスペースがあります
    2. はい、あなたの戦争努力は非常に感謝されています
    3. はい、戦争の場合、指定した場所(自宅や学校)に息子を避難させることができます。彼がその場所にいる場合、支援します。
    4. いいえ、彼のナニーは同行できません
    よろしく、 Vault-Tec"
  17. Vault-Tec本社 in Fallout 3.
  18. Vault 76の端末エントリー、Vault 76セキュリティ指示
  19. 19.0 19.1 Vault住民: "{105}{}{ウォーターチップはあるか?}"
    ポール: "{134}{}{古いVault-Tecのシェルターのウォーターチップか?}"
    Vault住民: "{135}{}{そうだ!..持ってるか?}"
    "{136}{}{ない。あれらはゴミだった。故障しやすかった。我々はここで自分たちの水を浄化することはしない。水はキャラバンでHubから届けられる。}"
    (PAUL.MSG) 注: ウォーターチップは最低入札者によって作られ、必須サービスを処理していたにもかかわらず故障しやすかった。
  20. Vault City中央コンピュータの情報: "{238}{}{アーカイブによると、Vault Cityのアメニティオフィスには現在GECKは在庫がない。Vault Cityの住民は地表に出た際に持っていた唯一のGECKを使用したようだ。}"
    "{239}{}{残りの情報をスクロールする。}"
    "{240}{}{アーカイブの情報によると、すべてのVaultの標準在庫パッケージには2つのGECKが含まれていた。しかし、Vault 8には1つしか配送されなかった。}"
    "{241}{}{GECK配送情報を照合する。}"
    "{244}{}{配送エラーにより、Vault 8には他のVault用の余剰ウォーターチップの箱が届いた。おそらく、他のVaultにはVault 8の2つ目のGECKが届いた。}"
    (VICENCOM.MSG) 注: もう一つの主要な不正管理の例、必須サービスに関連する配送エラー。
  21. Vault 88の端末エントリー;セキュリティ端末、2077年10月22日
    注: これはバレリー・バーストウと上層部をなだめるために故意に偽造された建設を示しており、これは別の「ショー」であった。
  22. Vault 114の端末エントリー、PRIVATE: Science Staff Only
    Vault-TecがVaultとその能力について一般市民と潜在的なVault住民を意図的に誤導し、嘘をついていたことを示している。
  23. Vault locations v34.129
    Vault 13はゴミ技術による一貫した水供給問題があり、Vault 12は完全に失敗し、Vault 15は複数の洞窟崩壊に悩まされているなど、現実から完全にかけ離れた意図的に誤導する自慢の出版物。
  24. Vault 118監督者のログ
  25. Citadelの端末エントリー;Vault-Tec端末、Vault 108
  26. 26.0 26.1 Vault-Tecからの拒否された手紙
  27. バーブ・ハワード: "バド・アスキンズ... 彼はそれをRobCoからライセンスしました。我々はそれをVault-Tecの入場システムと統合しています。"
    (The Trap)
  28. クーパー・ハワード: "俺の妻をどうやって知っているんだ?"
    リー・モルデーバー: "彼女の部門が私の研究会社を買収した。我々は冷融合を開発していた。それはお金にしづらい技術だ。無限のエネルギー。それが達成される寸前だった時、Vault-Tecがやってきて私が働いたすべての会社を買収したんだ。"
    クーパー・ハワード: "すべての会社か? じゃあ、お前は百万長者の共産主義者だな?"
    リー・モルデーバー: "偽善はお前の映画の暴力のようなものだ。悪者だけがそれを使うと、悪者が勝つ。"
    クーパー・ハワード: "そうか? 俺、ちょっとショービジネスの秘密を教えてやるよ。いい悪者は自分を悪者とは見なさないんだ。"
    リー・モルデーバー: "アメリカは10年以上にわたって資源戦争に閉じ込められている。Vault-Tecはその戦争を終わらせる手段を買収して棚に置いたんだ。すべてビジネスモデルに合わなかったからだ。"
    (The Radio)
  29. バレリー・バーストウ: "ええ、少なくともそれは終わった。続けましょう。 私は入口まで掘り進めようとした。その制御板があれば、すべてを変えることができた。 しかし、機材が対処できないほどの瓦礫が多すぎた。 しかし、私の仕事、私の仕事が私を支え続けた。 ここに、これらの書類の中に私の人生の仕事がある。あなたと共有したい。ブラウン博士は私に重要な任務を課した。社会を再定義する可能性のあるプロトタイプとその関連実験の一連を。 しかし、計画通りにはいかなかったようだ。"
    (バレリー・バーストウの対話)
  30. Vault 88端末エントリー;Vault 88監督者の机、Prime Directive
  31. The 唯一の生存者: "これらの実験は倫理的に実行できるのか?"
    バレリー・バーストウ: "プロトタイプの潜在能力を制限するなら、はい、好きなだけ倫理基準に従うことができます。私はもっとオープンな心を持つことを提案しますが、最終的な選択はあなたのものです。"
    (バレリー・バーストウの対話)
  32. Reactor Maintenance and Repair Robot control terminal: "{360}{}{アクティブなPoseidoNetステーション: Atomic Powerplant #5, Navarro Refinery, Control Station ENCLAVE, ENCLAVE Vault-Research Control…AccessDenied}"
    (GSTERM.MSG)
  33. Citadel端末エントリー;Vault-Tec端末、Vault 76
  34. ディック・リチャードソン: "{218}{prs33}{まあ、そうではないが。少なくとも赤い脅威を石器時代に押し戻した。}"
    選ばれし者: "{219}{}{そして私たちも。}"
    ディック・リチャードソン: "{220}{prs34}{いや、違う... 完全には。準備していたんだ。我々は準備していた。}"
    選ばれし者: "{221}{}{どういう意味だ?}"
    ディック・リチャードソン: "{222}{prs35}{いくつかの聖域があった。それは素晴らしいアメリカ文明を存続させるための施設であった。それらの施設 - Vaultは偉大な計画の一部だった。}"
    選ばれし者: "{223}{}{あのVaultは意図したように機能しなかった。多くの人々が死んだ。}"
    ディック・リチャードソン: "{224}{prs36}{実際にはほぼ意図通りに機能した。社会実験と呼べるものだった。}"
    選ばれし者: "{225}{}{実験?}"
    ディック・リチャードソン: "{226}{prs36a}{Vaultは人類をテストするために設定された。一部には十分な食料合成装置が提供されず、他には男性だけがいたり、6か月後に開くように設計されていた。それぞれが独自の状況を持ち、住民をテストするために設計されていた。}"
    選ばれし者: "{227}{}{Vault 13の目的は何だったんだ?}"
    ディック・リチャードソン: "{228}{prs37}{Vault 13は特別なケースだった。それは必要になるまで閉じたままであるべきだった。科学用語で言えば、対照群だ。}"
    選ばれし者: "{229}{}{しかし、私の祖先が代替のウォーターチップを手に入れなければ、彼らは皆死んでいただろう。それは計画に合っていないように思える。}"
    ディック・リチャードソン: "{230}{prs38}{不幸な、予見されなかった事故だった。しかし、実際には幸運な出来事だった。}"
    選ばれし者: "{231}{}{どういう意味だ?}"
    ディック・リチャードソン: "{232}{prs39}{結局のところ、我々は汚染されていない戦前の人間の被験者と新たに変異した被験者が必要だった - お前の祖先がVault 13の住民であり、アロヨの村人だった。}"
    選ばれし者: "{233}{}{なぜ?}"
    ディック・リチャードソン: "{234}{prs39a}{プロジェクトのためだ。それはほぼ完成している。人類の救済はほぼ手の届くところにあり、アメリカ合衆国がその再生の先駆者となる。}"
    選ばれし者: "{235}{}{再生?どういう意味だ?}"
    (Qhprzrch.msg)
  35. バド・アスキンズ: "我々のすべての仕事、達成したすべてのことは、アメリカを偉大にする同じ考えを持つ企業間のこの実り豊かな協力の結果です。Vault-Tecを代表して、ようこそ。"
    (The Beginning)
  36. バーブ・ハワード: "お話を集中させていただけますか。未来について考えるとき、私は娘のジャニーのことを考えます。彼女により良い未来を提供するためにどうすればいいのか。それが我々がここに集まった理由です。そして、どのようにVault社会を設計して、我々の子供たちがより良い未来を持つようにするのか。私は賭けを提案します。バドは3つの相互接続されたVaultのアイデアを持っています。しかし、我々はもっと多くのアイデアが必要です。皆さんのアイデアが必要です。なぜなら、我々の企業を偉大にしたのは競争の精神であり、その競争の精神を我々の解決策にもたらすことを提案します。アメリカ全土に100以上のVaultがあります。各自が複数のVaultを主張し、人類の最適な条件を作り出すために自分のアイデアを実現できる場所です。誰も知らなくてもいい。そして最善のアイデアが勝つでしょう。"
    (The Beginning)
  37. ロバート・ハウス: "それは面白いアイデアだ。世界の終わりには多くの稼ぎの可能性がある。しかし、仮説に基づいて大規模な投資を行うことについて話しているのだ。どうやって結果を保証できるのか?"
    バーブ・ハワード: "自分たちで爆弾を落とすことによって。核事件は悲劇だが、また、機会でもある。歴史上最大の機会かもしれない。なぜなら、我々だけが生き残るとき、争う相手がいなくなるからだ。本当の独占だ。これは戦争を廃止するチャンスだ。現在の社会構成は意図的な指導なしに形成されたため、摩擦があり、紛争があり、戦争がある。そして戦争は、そう... 戦争は決して変わらない。"
    (The Beginning)
  38. 監督者のログ - Vault 76
  39. バド・アスキンズ: "我々の売上は問題ありません。確かに平和交渉の噂で少し後退しましたが、ここであなたに機会を提供したいと思います。我々のVaultのいくつかで協力したいのです。"
    (The Beginning)
  40. MODUS: "この空間はエンクレイヴのマスタープランの中心であるべきだった。今日は倉庫だ。偉大な人々の計画もこれで終わりだ。"
    (MODUSの対話)
  41. バーブ・ハワード: "毎日仕事に行くたびに、地球上の生命の90%を消し去る核事件から人類がどのように生き残るかを考えているんだ。そして家に帰ると、お前はベーカーズフィールドの牧場に隠れることについて話している。"
    (The Trap)
  42. リー・モルデーバー: "ローズは非常に賢かった。君と同じようにね。ルーシー、君の母親はVaultの水がどこかに流れ出ていることを発見した。その一つの手がかりから、文明が地表に戻ったのではないかと推測したんだ。彼女が夫に話したとき、彼はそれが馬鹿げた考えだと言い、誰にも言うなと言った。"
    ハンク・マクレーン: "ルーシー、行こう。"
    リー・モルデーバー: "そして彼女は夫が何かを隠していることに気づいた。"
    ハンク・マクレーン: "ルーシー、行こう。ここを出よう。"
    リー・モルデーバー: "だから彼女は逃げた。君と同じようにね、ルーシー。そして彼女は子供たちを連れて行った。そして彼女はVaultが約束したすべてのものを持つ素晴らしい都市を見つけた。"
    ハンク・マクレーン: "彼女は嘘をついている!"
    リー・モルデーバー: "しかし、その後、彼女の夫が追いかけてきた。そして彼女が帰らないと決めたとき、彼は子供たちを連れて行き、その都市を焼き尽くした。"
    ルーシー・マクレーン: "シェイディ・サンズ。"
    ハンク・マクレーン: "彼女は嘘をついている、ルーシー。"
    リー・モルデーバー: "それがVault-Tecが競争に対処する方法だ。200年前にやったのと同じようにね。"
    (The Beginning)
  43. 43.0 43.1 Vault 15マップVault-Tec Series 10001-0649 Vault-Tec Industriesとして署名されている。
  44. 44.0 44.1 発電所の運用
  45. コンピュータ端末: "{103}{}{Vault-Tecの最先端の臓器摘出装置へようこそ。操作するには、ドナーを手術室に配置し、適切な種を選択し、摘出する臓器を選択してください。}"
    (WSTERM4B.MSG)
  46. 選ばれし者: "{349}{}{何だ?}"
    スターク: "{350}{}{これはVault-Tecモーションセンサーだ。我々は部品を取り外すつもりだったが、それは我々のPip-Boyには古すぎるが、君のモデルには適合するようだ。}"
    選ばれし者: "{351}{}{どうやって使うんだ?}"
    スターク: "{352}{}{手に持って使うと、周囲の敵を識別するか、通常通りにPip-Boyの自動マップを呼び出し、「スキャナー」ボタンをクリックすると、彼らはネオンサインのように明るく表示される。}"
    (VCSTARK.MSG)
  47. 47.0 47.1 技術博物館 Vaultツアー
  48. シギ・ウィルジグ: "いや、私はシアン化物の錠剤を飲んだんだ。"
    ルーシー・マクレーン: "何?"
    シギ・ウィルジグ: "Vault-TecプランD。Vault-Tecが作った最も人道的な製品だった。それは迅速で、痛みを伴わなかった。バナナの味がした。私はそれがもっと人気があるとは思わなかった。"
    (The Target)
  49. Vaultセラーズ・サバイバルガイド タイトル: Follow Your Nos, タイムスタンプ 2:14
  50. Fallout (テレビシリーズ)
  51. シタデルの端末エントリー;Vault-Tec端末、人事配置
  52. Vault 114の端末エントリー;Vault-Tec端末、PRIVATE: 科学スタッフ専用
  53. Vault 76アニメーション教育短編
  54. F2 VTFilmsVault 13でのVault-Tec映画プレゼンテーション
  55. Fallout 4およびFallout 76 Pip-Boyミニゲーム
  56. Fallout 2 Vault-Tec Industriesのビルボードローディングスクリーン
  57. Vault-Tecワークショップのローディングスクリーンヒント: "大戦前、Vault-Tec Industriesがアメリカ人口のために地下シェルターを提供する政府契約を勝ち取ったことが広く宣伝された。しかし、邪悪な社会実験は?それは秘密のままだった..."
  58. Vault-Tec地図によるニューカリフォルニアのレンダリング
  59. Vault 94の端末エントリー;外部セキュリティ端末、セキュリティログ - 10/21/77
  60. ブラッドバートンのオフィス端末エントリー;Nuka-Worldメールシステム、送信メールJCB976NWC
  61. セバスチャン・レスリー: "ハリウッドの俳優たちは、世界の終わりの広告塔と一緒に祝うことを避けたいと思っているんじゃないかと思う。"
    クーパー・ハワード: "それは半分も知らないだろう。この広告のせいで映画を失ったって聞いたか?そうだ、セットに行ったら、俳優たちはトレーラーから出てこなかった。ボニー・ルイスは道徳的理由でそうしたと言った。"
    セバスチャン・レスリー: "ボニー・ルイス?彼女は看板よりも多くの広告に出ている。"
    ()
  62. Vault-Tec: アマング・ザ・スターズ端末エントリー
  63. 63.0 63.1 プロジェクト・コンシューマーガイダンス
  64. 64.0 64.1 プロジェクトリード端末
  65. Vaultの場所 v34.129
  66. Fallout 76イントロ
  67. Vault-Tec本社端末エントリー;Vault-Tec社員端末
  68. Vault-Tecカレンダー
  69. Fallout、シーズン1、エピソード1: ""
  70. Falloutイントロ
  71. Vault-Tec本社端末エントリー;Vault-Tec社員端末、メッセージ0101Cトイレ休憩
  72. Vault-Tec本社端末エントリー;Vault-Tec社員端末、メッセージ0099D自販機
  73. Vault 81端末エントリー;旧監督者端末、入場プロトコル
  74. Vault 81端末エントリー;旧監督者端末、訓練、訓練、訓練とどうする?
  75. Vault 81端末エントリー;旧監督者端末、どうする?
  76. 76.0 76.1 Follow Your Nos. Fallout TVシリーズ エクストラ. シーズン1、エピソード0 タイムスタンプ 2:14-2:17. 地上シェルターのサインには「Budg-TecポップアップシェルターPlan-B」と書かれており、Vault-Tecのスタンプが押された大きな段ボール箱には「Plan-C」と書かれている
  77. Vault-Tec本社端末エントリー;Vault-Tec社員端末;メッセージ0099D自販機
  78. Vault-Tec本社端末エントリー;Vault-Tec社員端末;メッセージ0101Cトイレ休憩
  79. Vault-Tec本社端末エントリー;会社の店;Vault-Tec野球帽
  80. Vault-Tec本社端末エントリー;会社の店;Vault-Tecドリンクコージー
  81. Vault-Tecボンバージャケット
  82. Vault-Tec本社端末エントリー;会社の店;Vault-Tecレザーボンバージャケット
  83. Vault-Tec本社端末エントリー;会社の店;Vault-Tec Tシャツ
  84. Vault-Tec本社端末エントリー;会社の店;Vault-Tecゴルフティー

Non-game

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Fallout Bible 0, Vault system 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "FB0VaultSystem"が異なる内容で複数回定義されています
  2. Fallout Bible 0: "2054年 欧中東の紛争と疫病の恐怖を受けて、アメリカ合衆国はプロジェクト・セーフハウスを始動させる。このプロジェクトはジャンク債で資金を調達し、核戦争や致命的な疫病の際に人々を守るためのVaultと呼ばれるシェルターを建設することを目的としている。建設は2054年後半に始まり、建設技術の進歩により迅速に進む。"
  3. Vault住民の生存ガイド
  4. 4.0 4.1 4.2 Vault13.netのクリス・テイラーインタビュー:
    Saint Proverbius (SP): "マスターの基地はどのVault番号でしたか?"
    Chris Taylor (CT): "マスターはVault-TecのプライベートVaultにいました。これは連邦政府のために建設されたデモンストレーションモデルで、本社のすぐ近くにありました。"
  5. Vault住民の生存ガイド p.1—1-1—2: "重要なVaultの統計
    Vault番号: 13
    建設開始日: 2063年8月
    建設終了日: 2069年3月
    初期予算: 4000億ドル
    最終予算、利息込み: 6450億ドル
    収容人数: 1000人(最大収容時)
    総期間: 10年(最大収容時)
    居住区数: 100(最大収容時にはホットバンキングが必要)
    扉の厚さ: 4ヤード、鋼鉄
    地表被覆: 320万トンの土、200フィート
    コンピュータ制御システム: シンクマシン
    主電源供給: 地熱
    補助電源供給: ゼネラル・アトミクスの核電源バックアップシステム
    電力要件: 3.98mkw/日
    備蓄: 完全な建設装置、水耕農業ファーム、地下河川からの水浄化、防衛兵器(10人分)、通信、社会および娯楽ファイル(全期間)"
  6. 6.0 6.1 Vault住民の生存ガイド内表紙: "注意.––この文書には、50 U.S.C.、31および32に基づくアメリカ合衆国の国家防衛に関する情報が含まれています。その内容を無許可の人物に伝達することや、いかなる方法であれ明らかにすることは禁止されています。"
  7. Fallout Bible 6, Life with the GECK:
    "1b. 現在植え付けに適しているものが20年後に適しているとは限りません。これは不安定な生態系を持つFOの世界では特に当てはまると思います。既に成長している食物源から種子や胞子を収集するのが最も確実です。GECKに50年前に入れられたトウモロコシの種子は新しい荒れ地に耐えられるようには十分に変異していません。通常の生態系でも、唯一生き残る植物の系統は変異するものです。
    その通りです。GECKの設計者たちは核後の世界がどのようになるか予想する術を持っておらず、そのため実際にはあまり考慮されていなかったようです。それにもかかわらず、GECKに含まれていた種子はVault 8に対しては有効でした。"
  8. Fallout Bible 0: "2054年 欧中東の紛争と疫病の恐怖を受けて、アメリカ合衆国はプロジェクト・セーフハウスを始動させる。このプロジェクトはジャンク債で資金を調達し、核戦争や致命的な疫病の際に人々を守るためのシェルターを建設することを目的としている。建設は2054年後半に始まり、建設技術の進歩により迅速に進む。"
  9. 9.0 9.1 Fallout Bible 0: "2063年8月 ほとんどのVaultの建設が完了したが、Vault 13の建設はやっと始まり... 問題の多い開発サイクルを告げる。完成したVaultのある他の都市では訓練が始まったが、訓練の頻度が増えるにつれて、訓練への参加率は年を追うごとに減少した。"
  10. Cain on Games, FalloutにおけるVaultの真の目的
  11. One Man, and a Crate of Puppets, パネル1: "Vaultの実験は中に住む人々を救うために設計されたものではなかった。それらは選ばれた人口セグメントを研究するための巨大な社会実験だった。"
  12. 12.0 12.1 Fallout Bible 0, #More questions, questions:
    "Vaultの実験はティム・ケインによって考案されたアイデアで、その背後にある理由は知らないが、いくつかの推測を提供できる。"
    "まず、テーマ的にはかなり不気味で、開発者がプレイヤーの頭を混乱させるためにあらゆる奇妙なことを試みることは知られている。ティムがXファイルのエピソードを見終えたばかりで、彼の潜在意識に陰謀論が浮かんでいた可能性がある。実験がやりすぎだというコメントについては、その通りだ。我々は有罪だ。"
  13. Fallout - ギャラクシー・ニュースからの特別ライブレポートニュースティッカー: "Vault-Tecがアメリカで最も明るい未来を持つ企業に選ばれる""
  14. Fallout - ギャラクシー・ニュースからの特別ライブレポートニュースティッカー: "Vault-Tecの株価が上昇、アメリカ経済が恐怖に基づくものとなる""
  15. Fallout - ギャラクシー・ニュースからの特別ライブレポートニュースティッカー: "Vault-Tecが新たに利用可能な単一のVaultスペースを販売することを発表""
  16. Fallout Bible 0: "2077年10月23日 大戦争: 爆弾が発射される; 誰が最初に攻撃したかは不明...そして爆弾が中国から来たのかアメリカから来たのかも不明。空襲警報が鳴るが、ほとんどの人はそれを偽の警報だと思い、Vaultに入らない。Vaultは封鎖される。"
  17. Fallout Bible 0: "2091年 Vault 8が開き、GECKを使って彼らの都市の肥沃な土地を作り出す。これが最終的にVault Cityとなる。"
  18. Fallout Bible 0: "2092年 LA Vaultが開き、ボーンヤードが設立され、生存者を引きつける。"
  19. Fallout Bible 6, Life with the GECK:
    "1b. 現在植え付けに適しているものが20年後に適しているとは限りません。これはFOの世界では特に当てはまると思います。既に成長している食物源から種子や胞子を収集するのが最も確実です。GECKに50年前に入れられたトウモロコシの種子は新しい荒れ地に耐えられるようには十分に変異していません。通常の生態系でも、唯一生き残る植物の系統は変異するものです。"
    その通りです。GECKの設計者たちは核後の世界がどのようになるか予想する術を持っておらず、そのため実際にはあまり考慮されていなかったようです。それにもかかわらず、GECKに含まれていた種子はVault 8に対しては有効でした。"
  20. Vault住民の生存ガイド p.2—1: "SIMTEK操作
    Vault-Tec研究グループは、長期間の安全性の後、多くのVault住民が外の世界に戻ることに「不快感」を感じるだろうと判断した。SimTek 5000は、外の世界への安全で安心な復帰を提供する。この章では、SimTek 5000の操作の簡単なウォークスルーを提供する。"
  21. Prepare for the Future, Channel 3: Tomorrow's Technology Today #37
  22. Fallout - ギャラクシー・ニュースからの特別ライブレポートニュースティッカー、25:25"
  23. Vault住民の生存ガイド pp. 5—34:
    GECK
  24. Fallout 4サイト画像
  25. Fallout 4サイト画像
  26. Fallout 4 サイト画像
  27. 27.0 27.1 Fallout 3プロモーションアイテム;Vault住民の生存ガイド: ポケットリファレンスエディション p. 3
  28. Fallout 4サイト画像
  29. Fallout - ギャラクシー・ニュースからの特別ライブレポートニュースティッカー: "ギャラクシー・ニュースVault-Tecとの10年のパートナーシップ契約に署名""
  30. Shop-Tec
  31. Fallout 4 Vault住民の生存ガイド コレクターズエディション p. 384: "[6.19] サフォーク郡チャータースクール
    この学校の生徒の大多数は低所得層および不利な立場にある学生で構成されていた。これらの子供たちは、Vault-Tecがアメリカ政府と共同で開発した新しい食糧代替ペーストの試験に選ばれる幸運に恵まれた。このペーストはすべての必要な栄養を提供し、100年以上の保存期間を持つことを意図していた。いくつかの軽微な副作用にもかかわらず、ペーストは栄養価が高く、美味しいものだった。ぜひ試してみてください。あなたも健康になります!"
    (Fallout 4 Vault住民の生存ガイドマップ)
  32. プレイングカード
  33. Fallout Bible 6, Life with the GECK:
    "現在植え付けに適しているものが20年後に適しているとは限らない。これは特にFOの世界では不安定な生態系を持つために当てはまる。もし確実に成長するものを選びたいなら、すでに成長している食物源から種子や胞子を収集するのが最良だ。GECKに50年前に入れられたトウモロコシの種子は新しい荒れ地に耐えられるようには十分に変異していない。"
    "その通り。GECKの設計者たちは核後の世界がどのようになるか予想する術を持っておらず、そのため実際にはあまり考慮されていなかった。それにもかかわらず、GECKに含まれていた種子はVault 8に対しては有効でした。"
  34. The Vault Fallout Facebook
  35. 他メディアでの『Fallout』
  36. Fallout: ロールプレイングゲーム ルールブック p.250: "ロサンゼルス近郊で公開されたデモンストレーションVaultは、Vault-Tec本社近くにあり、公の熱狂がジャンク債券ドライブの資金調達に役立った。それは非常に暗い時代の希望の光だった。フルVaultから遠すぎる人々は、より合理的な価格で小規模企業や中規模コミュニティ向けに設計されたシリーズ1000シェルターを購入できた。"
  37. Falloutマニュアル: "ISSUED BY VAULT-TEC DOCUMENTATION DEPARTMENT, JANUARY, 2077"
  38. Fallout 4マニュアル: "ISSUED BY VAULT-TEC DOCUMENTATION DEPARTMENT, APPARATUS DIVISION"

Non-canon

  1. ブルームフィールド宇宙センター設計文書/1: "2076年11月、エンクレイヴはブルームフィールド宇宙センターの支配権を掌握した。彼らは核戦争が目前に迫っていることを知っていたので、ヘルメス-13を改造し、選ばれた人員(主に自分たち)を地球外に連れて行くための乗り物にしようとした。"
Advertisement