Fandom


Icon disambig
このページは Fallout 4のロケーション についてのものです。 戦前のアメリカの13の連邦州 については、United States をご覧ください。
欧州連邦 については、European Commonwealth をご覧ください。
 
Gametitle-FO3Gametitle-FO3 TPGametitle-FO3 BSGametitle-FO3 PLGametitle-FO4
Gametitle-FO3Gametitle-FO3 TPGametitle-FO3 BSGametitle-FO3 PLGametitle-FO4

連邦自体は戦争で荒廃したただの暴力と絶望の泥沼に過ぎないよ。だが隔離された環境にある研究所の内部は…だが研究所の問題は、君が気にする必要はない。まあ君の未熟な心では、我々が達成したことを理解することも出来ないだろうがな

Dr. ジマー(Fallout 3)

連邦 または コモンウェルス・ウェイストランドニューイングランド連邦州に属する、戦前のマサチューセッツ州に残された地域の事です。[1]伝統的に連邦(コモンウェルス)と呼ばれるその地域は、大戦争前のマサチューセッツ州に存在した実在の地域でした。Falloutの世界では、ニューイングランド連邦州の一部でもあります。旧合衆国の多くの他の地域のように、"戦争で荒廃したただの暴力と絶望の泥沼" ですが、ボストンは謎の組織であるインスティチュートが存在する場所でもあります。

背景編集

戦前編集

コモンウェルスはグレートブリテン王国(イギリス)との戦いで、多くの舞台となりました。イギリスの植民地である13の州が多大なる課税と政治的に認められた不平等に反抗した事で勃発したアメリカ独立戦争の最初の戦地であり、独立戦争は1775年4月19日から1783年9月3日まで続きました。独立戦争後、歴史的な戦いを記念してバンカー・ヒルのバンカー・ヒル記念碑や、オールドノースチャーチの外にあるポール・リビア像フリーダム博物館のような記念博物館が建てられ、祝われました。

1969年、[2]コモンウェルスはニューイングランド州連邦の統制下となりました。新しい行政区画は国家の利益のため、州同士でのより良い協力体制を促進するためのものであり、合衆国政府との仲介的存在でした。大戦争によってアメリカが滅亡するまでの間、コモンウェルスは米軍戦闘機の主要な中継地点となりました。[3]その上、フォートストロング砦はエンジニアによるT-51bパワーアーマーの地上作戦テストや携帯型核ランチャーであるヌカランチャーの開発に役立ちました。USAF衛星基地オリビアナショナルガード訓練場のような軍の最先端施設が各地に敷設され、"最高機密施設スイッチボード"として知られる国防情報局が整備、維持されていました。

世界中の緊張が高まる中、エネルギー危機によって資源戦争が勃発しました。中国の侵攻や核戦争の脅威がより間近に迫っている事実は、コモンウェルスへの軍事配備の増加につながりました。ボストンや主要なアメリカ軍敷設への中国軍スパイの侵入を防ぐため、監視基地プレスコット のような多くの軍事検問所が敷設されました。主に軍用品の備蓄や敷設開発、ICBMの発射場が設けられました。サウスボストン軍検問所では、人員を配置するためにエコー中隊の第104歩兵連隊が展開されました。陸軍省の要請により、そこでは2077年8月1日から延々と通る車両が止められ、完全な点検が実施されました。点検中、疑わしい要素がある者はすぐに勾留され、中国系の者は差別的な扱いを受け、多くは独断的に中国人の捕虜収容所に送られました。[4][5]この時、アメリカでは増加する軍事支出が国民の健康管理、公共の施設や交通機関の縮小に影響している事が財務報告で指摘されていました。[6]資源戦争の代償として増加し続けるエネルギーコストと相まって、超インフレと戦争疲労は国を締め付けていきました。2067年のカナダ併合は深刻な問題となり、実際のアメリカの極悪さが公表されるに至りました。グラハム副知事はボストンに戒厳令を敷き、[6]同時に中国やアンカレッジ前線で戦う兵士たちは、自分が帰ったあとも国内の不安情勢に対処するために再び従軍しなければならない事に不安を覚えました。

2077年10月23日午前9時42分、大戦争勃発が勃発。ペンシルベニアとニューヨークに核攻撃が確認され、午前9時47分、ワシントンD.C.への核ミサイル攻撃と同時に、ボストン南西へ核攻撃が確認されました。[7]コモンウェルスの爆心地はセンチネルサイトを含む軍の重要な産業施設や住宅、武器工場や製造工場でした。[8]核の被害を受けた人々がボストン湾でシェルターを探す前に、中国の潜水艦、長江-31はアメリカ東部の海岸線に戦略的核爆弾を搭載したSLBMを6機発射し、攻撃は成功しました。しかし中国のミサイルが発射される直前、監視基地プレスコットに配備されていた第132技術部隊の一人が、備蓄されていた核兵器を発射することで報復攻撃に成功しました。[9]

Vaultや他のシェルターに入ることができ、ボストンと周辺地域での核爆発を生き残る事ができた人々は少数でした。ボストン自体は直接的な目標とされていなかったので、いくつかの重要なポイントは最初の爆撃を生き残りました。マサチューセッツ州議会議事堂ボストン・コモンポール・リビア邸などがその例です。 軍は状況を打開するためにパワーアーマー部隊を利用し、次の日には秩序を保つためにサウスボストン軍検問所で活動を始めました。食料備蓄と安全を保証する内容の緊急時用周波数RJ1138を他の陸軍兵士へ送りました。しかし指揮官なしで組織を維持できず、結局軍は解散しました。他にも様々な政府部門の上級官僚は爆発を生き残りました。ボストン市長は自分専用の核シェルターへ逃げ込みました。しかしこのシェルターは税金を使用して不法に造られた施設だったため、激怒した暴徒により荒らされました。[10]

戦後編集

コモンウェルスは戦後再建が試みられました。数十年にわたって、生き残った者たちと学生はコモンウェルス技術大学(C.I.T.)の地下に避難し、戦前の研究を継続し始めた。そして、大戦争の33年後の2110年にインスティテュートを設立した。その後数十年の間、インスティテュートは第一世代人造人間(のちにシンスと呼ばれる)の製造を開始した。この時に、インスティテュートは地上住民とともに協力することを試みたが、お互いに対する不信感が協力を妨げた。特にCommonwealth provisional governmentの設立時にあたって顕著であった。これによってインスティテュートは再び地下に戻り、以下のような新しい方針を定めた。the eradication of all pre-war culture they blamed for igniting the Great War

2130年、フェンウェイパークを外敵から身を守るための「壁」として用いる人々が定住し始めた。定住に関して広まっていくにつれ、野生動物やレイダーギャングからの避難場所となっていくようになった。ダイヤモンドシティの名前が広まるにつれ、スタンドより上側と下側の間で社会的な格差を残したまま、ダイヤモンドシティはコモンウェルス内で最も大きな居住地の一つとなった。

戦後の連邦の再建が続けられるにつれて、スーパーミュータントやレイダーによる多くの居住地への攻撃があり、それら居住地の同盟によってボランティア民兵組織の「コモンウェルスミニッツメン」が設立された。特に目立ったのは、2180年に発生したダイヤモンドシティをスーパーミュータントの攻撃から防衛したことと、組織内部での争いと緊張が発生し、部隊解散につながったクインシーの虐殺である。結果的にコモンウェルスは行政組織の管理を失ったのに加えて、地域内でバラバラになった居住地となった。一方、インスティテュートは地域内で人間をそっくりの人造人間に置き換える、ブギーマンとして知られ、パニックを引き起こした。

Environment編集

The Commonwealth suffered from terrible radiation storms caused by the Glowing Sea, the area hit by the nuclear weapons that destroyed much of the region. During a storm, the sky turned a sickly green color while a thick fog moved in, limiting one's visibility. These storms behaved in the same manner as thunderstorms, with every "strike" emitting radiation across the land. Despite this, the Commonwealth appears to be a somewhat healthier area of the post-nuclear United States. The skies are brighter and clearer, and vegetation such as mutfruit and tato plants can be seen growing plentifully in the region, providing wastelanders with a source of food. The Commonwealth also sees regular rainfall, in a similar vein to Zion Canyon. The overall landscape is less blasted and scorched than other areas such as the Capital Wasteland—due to the fact that the Boston area never suffered a direct hit, with the nuclear explosion detonating farther southwest, in what is now the Glowing Sea. However, since the Commonwealth covers the entirety of pre-War Massachussetts, it is unknown whether the rest of the region has emerged as fortunate.

組織編集

コモンウェルスで最も評判の悪い組織は、C.I.T.に所属していた学生の子孫が設立した、インスティテュートである。インスティテュートの科学者は地下の閉ざされた空間で、高度な技術を有し、研究している。彼らは真の人工知能の開発を行っており、「シンス」と呼ばれる人造人間の生産能力がある。シンスの最新モデルは通常の人間と区別がつかない。そのため、インスティテュートはコモンウェルスにおける失踪事件の原因であるとの批判を浴びている。そして、Commonwealth provisional governmentの失敗をもたらしたと考えている人もいる。インスティテュートはコモンウェルスを自分たちの実験の失敗作を捨てるための場所にするために進出した。例えば、スーパーミュータントたちはインスティテュートの実験であるFEVが起源となっている。

コモンウェルスで活動している別の組織としてはインスティテュートと対立する「レイルロード」がある。秘密結社・地下鉄道の名誉にちなんで名づけられたレイルロードの目標は、奴隷状態となっている人造人間を救うことである。

一方、インスティテュートとレイルロード以外の組織も存在する。プレストン・ガービー率いるミニッツメンと呼ばれる組織である。彼らはレイダーやスーパーミュータントに悩まされる地域のために戦う民兵団だ。ミニッツメンはかつてはコモンウェルスを支配していたが、団員数はクインシーの虐殺後とそれに伴う内部抗争・汚職によって徐々に減少していった。2287年までにミニッツメンはほとんどいなくなった。プレストン・ガービーとクインシーから逃れたミニッツメンの生き残りを探して誘拐しようとする危険なレイダー集団から逃げ延びた小さな集団がおそらく最後のメンバーとなる。彼らの命運は「Sole survivor」の手に握られた。

Brotherhood of Steel(B.O.S.)は2287年に数人の偵察隊をボストンとその周辺へ送り込んだ。最終的にB.O.S.はプリドゥエンをボストン進出の足掛かりとするためにボストン上空へ送り込んだ。Elder Arthur Maxsonによって率いられ、伝統的なしそうによって結束している。そして、インスティチュートが先端技術を研究するが新たな災いをもたらすとして、彼らをを倒すことを目標にしている。

Fallout 3編集

ノート編集

登場編集

実際に連邦に訪れることが出来るのはFallout 4のみですが、 Fallout 3 とそのDLCである The Pitt, Broken Steel, Point Lookoutでは、連邦についての言及があります。

"連邦"という日本語訳について編集

Commonwealthの語源と歴史編集

Commonwealthの訳語は文脈や用例により意味、表記が変化する言葉です。国家連合体である英連邦や共和制国家のイングランド共和国などの原文にもCommonwealthという言葉は使われており、日本ではアメリカの"一部の州の"州号として使用されている事が広く知られています。そもそもアメリカの州の殆どは「State」という表記を採用しており、Commonwealthという州号のつく州はたったの4つしか存在しません。ケンタッキー州、マサチューセッツ州、ペンシルベニア州、ヴァージニア州の4つの州は、州憲法で自らの州をCommonwealthである、と規定しています。これは1780年に採択され、正式にマサチューセッツ州は「Commonwealth of Massachusetts」となりました。この出来事はFalloutと現実世界が分岐する以前の出来事です。そして採択された1780年は、まさにアメリカ独立戦争の真っ只中でした。1756年に始まる七年戦争はイギリスの勝利に終わり、アメリカ大陸は徐々にイギリスの植民地化が進んでいきました。ニューヨークやヴァージニア、そしてマサチューセッツは王領植民地となり、イギリスは自国の経済政策のために植民地に重税を課しました。植民地の貿易や産業が制限され、様々な課税政策が実行されていきました。そして1770年代に入るとアメリカとイギリスの対立は更に進み、1773年のボストン茶会事件をきっかけとしてアメリカはイギリス本国との通商を拒絶、ついにアメリカ独立戦争が勃発します。

1775年4月、イギリス軍はマサチューセッツのコンコードに部隊を派遣、しかしボストンの民兵はこれを素早く察知し、レキシントンの街でイギリス軍を迎え撃ちます。不意打ちは成功し、ボストンでのゲリラ戦で多くのイギリス兵を倒しました。この時にイギリス軍を撃退した民兵は、ライフル銃を片手に、服装も軽装で目立たない普段着のような格好の者が多く、数分で戦闘準備を整えられた事からミニットマンと呼ばれました。この"レキシントン・コンコードの戦い"を契機とし独立戦争が始まっていきました。 この独立戦争の最中に、州憲法で自らの州をCommonwealthであるという規定ができました。これはイギリスの植民地化に対する反抗の意もありました。

ギャラリー編集

References編集

  1. エーミール・パグリアルーロが1upのインタビューにて言及
  2. Plaque on the Massachusetts State House in Fallout 4 gives 1969 as the formation date of the "Thirteen commonwealths"
  3. Proctor Ingram mentions that the Commonwealth became a major military staging point for aircraft prior to the Great War.
  4. South Boston military checkpoint terminal entries
  5. Internment orders in Fallout 3 and the VDSG. Catalogue No.7320 in Fallout 4 mentions how Chinese were held at internment camps prior to the Great War.
  6. 6.0 6.1 マサチューセッツ州議事堂ターミナルエントリ
  7. "DEFCON Status- 2077", found on locked Expert terminal in Switchboard facility underneath Slocum Joe's Donuts in Fallout 4.
  8. The Glowing Sea includes various factories and military facilities.
  9. No missiles are on the launch pad, as stated by the Sentinel site article.
  10. Boston shelter - mayor's goodbye


参考資料編集

  1. エーミール・パグリアルーロが1upのインタビューにて言及
  2. Plaque on the Massachusetts State House in Fallout 4 gives 1969 as the formation date of the "Thirteen commonwealths"
  3. Proctor Ingram mentions that the Commonwealth became a major military staging point for aircraft prior to the Great War.
  4. South Boston military checkpoint terminal entries
  5. Internment orders in Fallout 3 and the VDSG. Catalogue No.7320 in Fallout 4 mentions how Chinese were held at internment camps prior to the Great War.
  6. 6.0 6.1 マサチューセッツ州議事堂ターミナルエントリ
  7. "DEFCON Status- 2077", found on locked Expert terminal in Switchboard facility underneath Slocum Joe's Donuts in Fallout 4.
  8. The Glowing Sea includes various factories and military facilities.
  9. No missiles are on the launch pad, as stated by the Sentinel site article.
  10. Boston shelter - mayor's goodbye
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。