Fallout Wiki
Advertisement
Fallout Wiki

人は...過ちを繰り返す...ロン・パールマン

大戦争とは、2077年10月23日(土曜日)にFalloutの世界における核開発能力を有する国家(主にアメリカ中国ソ連)によって行われた全面核戦争の事である。米中戦争が原因となり、すべての参加国およびその周辺国が破壊され、気候の大混乱と数十億人の犠牲者を生んだ。これらは核爆発、放射線被曝、そして社会と政府の崩壊によるもので、核による大破壊は約2時間続き、最後の核弾頭が落ちた後、世界は核による大惨事と共に深い闇に包まれた。[1][Non-game 1] アメリカ合衆国および世界の他の地域は荒地と化した。200年後の現在でも、大戦争の影響は、残存する放射線、病気、突然変異した怪物、環境の悪化、および暴力的な無法状態という形で感じられる。

前兆[]

Main article: Sino-American War
世界の終わりは、ほぼ予測通りに起こった。人間が多すぎて、空間や資源が足りなかった。詳細は取るに足らないもので、理由はいつものように純粋に人間的なものだった。Fallout 2 intro

化石燃料(石油)が2050年頃には殆ど枯渇し初め、世界的なエネルギー危機が始まったことが、長期に渡って脅かされてきた全面核戦争の引き金となった。Falloutの世界におけるエネルギー危機は、私達の世界のものと比較すると大きく異なる。エネルギー効率に優れたテクノロジーに電力を供給するのに絶えず化石燃料が必要とされ、また要求量が増加し続けた事が大きな原因である。それに加え、小型化された電子機材や、より進んだ製工材料を開発できなかった事も起因する。このエネルギー危機がもたらした結果は悲惨なものだった。世界中に残された未開発の石油資源を全ての先進国が確保しようとしたため、エネルギー危機は一気に深刻化した。結果として、天然資源を確保しようと切望する一連の軍事衝突が、地球を消費した。欧州連邦2052年に油田資源が豊富な中東へ武力行使を行い、容認できないほどに高額になっていた石油価格へ対応した。その後テロリストの核装置と、2054年の限られた紛争参加者間の核交換によって、2053年12月のイスラエルテルアビブ市の破壊がもたらされた。

国連は平和を維持しようと努めたが、多くの加盟国が脱退していった。そして2052年に"資源戦争"と呼ばれる長い戦争の勃発後、2ヵ月足らずで国連は解散してしまった。石油の貿易交渉は各国で行き詰まり、太平洋に眠る最後の石油資源を一方的に確保したアメリカへ中国軍が攻撃を仕掛けた。2066年に中国はアラスカを侵攻、国内で暴動や戦争反対を掲げる市民の抗議を黙殺し、合衆国政府は軍事行動を起こした。その時アラスカの防衛を確実にするため、アメリカは2076年にカナダを併合した。

中国軍のアラスカ侵略を弱体化させるため、アメリカは2074年に中国本土へ侵攻を開始した。この反撃には初めてパワーアーマー部隊が投入され、強固な中国本土の防衛を突破し、アメリカの戦略は成功に終わった。その後アメリカ軍はパワーアーマー部隊を アンカレッジ前線に配備し、アラスカ解放に成功した。 中国軍は2077年1月にアメリカ国内から撤退。この勝利はアメリカによって開発された最新鋭の軍事技術(パワーアーマーやフュージョンセル燃料を使用した武器など)の投入による部分が大きいと考えられてる。資源の要求を却下された小国は、高騰し続ける化石燃料や小国同士の戦争により崩壊し、経済破綻していった。この資源戦争は2077年に勃発する大戦争により幕を閉じることになる。

中米戦争[]

全面核戦争は、アメリカ合衆国と中国の双方が消耗し尽くした10年間に及ぶ紛争の直接的な結果であった。2077年までに、消耗戦、供給ルートの喪失、およびアメリカによる攻勢が続き、中国の部隊はアラスカで孤立し、増援が途絶えていた。アンカレッジの解放は、冬季対応のT-51パワーアーマー部隊の指揮を執るコンスタンティン・チェイス将軍によって主導され、10年に及ぶ戦争の終わりを告げた。[2][3][Non-game 2]

2074年に開始された中国本土での軍事作戦[Non-game 3]は、アラスカでの進展とT-51部隊の配備によって再び勢いを取り戻した。しかし、アメリカ兵が本土の奥深くに進むにつれ、中国の抵抗は激化した。[Non-game 3]10月までには、状況は敗走から膠着状態に変わった。[4]10年間の戦争にもかかわらず、終わりは見えなかった。数十億ドルと数千の命が無駄に費やされ、税金とさまざまな戦時収入によって連邦政府はアメリカ史上最大の常備軍を維持することができた。[5]戦線を強化し、膠着状態を打破しようとする絶望的な試みの中、全米の基地が封鎖され、部隊が再配備された。[6]

事態がさらに悪化する中、アメリカの支配層は中国からの核攻撃が迫っていると予測し、世界各地の遠隔地へ避難した。カリフォルニア沿岸の油田は、後にエンクレイヴの基盤となる大統領と主要な指導者によって占拠された。[Non-game 4]アメリカは指導者を失い、混乱の中で漂流しているようだった。2065年ロバート・ハウスは、2080年までに核戦争が避けられないと結論付けた。[7]

Vaultcountrymap

Barb HowardはVault-Tecが最初の核を落とす可能性があると示唆している

2077年までに、Vault-Tecは2080年までに核戦争が起こる確率を17,443,762分の1と計算し始めていた。[8]同社は、ロブコビッグMTなどの他企業と共謀してVaultの資金を調達し、独占を確立しようとしていた。その目的のために、大戦争を引き起こすための核爆発を計画し、自分たちの投資が報われるようにすることを提案した。最終的には、実験とVault内の人々が地表を掌握できるようにすることを目指していたが、彼らがこの計画を実行する機会があったかどうかは不明である。[TV series 1]

世界の終わり[]

しかし悲しいことに、これは明白な事実です。制御可能な戦争の時代が終わろうとしているという事なのです。世界の偉大な指導者たちの思想に費やされた数十億ドルもの金は無駄にされたのです。なぜなら10年以上続いた戦争の後にも関わらず、明確な終幕がなく、明確な勝者がいないからです。つまり本当に、この時点で、大国は他にどんな選択肢を持っているのか、それも核兵器以外で?もちろん、そこが問題なのです。中国やアメリカが核ミサイルを発射して原子力爆弾を投下した時、言うまでもなく死傷者数は不明のままでしょう。つまり、誰も勝利を宣言することはないのです。ボストン・ビューグル 記事, 作: マグス・ヴェッチオ

2077年10月23日午前12時03分(東部標準時)、米海軍太平洋艦隊(COMPACFLT)は、カリフォルニアの海岸線の沖に3つの未確認潜水艦を発見し、それが中国軍の潜水艦であると報告した。そしてその3時間後の午前03時37分、米空軍戦闘機がアラスカのベーリング海峡沖を高高度飛行中、未確認の航空隊を発見。これは中国軍のものと考えられた。[9]

LA being nuked

2077年にロサンゼルスに投下された核爆弾

6時間後の午前09時13分、ヴェラ衛星(統合運用核探知システム)が最初の4基のミサイル発射を検知し、合衆国政府は核兵器準備状態への突入、および核兵器以外の全戦力投入を宣言、デフコンは"2"まで引き上げられた。4分後の午前09時17分、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が爆撃機が展開されている事と、核ミサイルの発射を確認。同時にデフコン"1"が宣言された。午前09時26分には大統領によりレスポンスシナリオプロトコル「MX-CN91」が発動され、米国の核兵器即時使用が許可された。[9]

午前9時42分、ペンシルバニア州ニューヨーク州へ核ミサイル攻撃、[10]その5分後の午前9時47分、ボストンとワシントンへ核攻撃が行われ、合衆国のほとんどの軍事施設がオフラインになった。[9][11][12][13]大戦争で使用された標準的な核弾頭は、爆発威力が200~750キロトンの戦略核弾頭であり、[Non-game 5]中国の潜水艦にはより高威力の核ミサイルが搭載されていた。[14]

FO4 trailer nuke

『Fallout 4』トレーラーで見られる核爆発の効果

約2時間"大戦争"を象徴する核攻撃の応酬が行われた。そしてこの攻撃は、世界中の首都、都市、町で多くの生命を奪い、同時に文明を崩落させた。歴史上のあらゆる戦争で使用された全てのエネルギーをはるかに上回るエネルギーが大戦争の幕開けとして使用され、想像を絶する破壊力と共に世界を"再構築"した。大量かつ集中した原子爆発により発生した極度の圧力によって地形が変化し、多くの山脈が生まれた。世界中の川や海は核兵器に用いられた放射性物質により汚染され、気候は劇的に変化した。核爆発の衝撃波によって大気中に放出された放射性加工物は、地上に降り注ぐと共に致死量をはるかに超える超高濃度の放射線を地球にばら撒いた。地球上のほとんどの地域は砂漠化し、核による灼熱の夏が永久的に続いた。[Non-game 5]

誰が、あるいはどの国が最初に核弾頭を発射したのかは分かっていないが、 リチャードソン大統領は中国が最初に核を発射したことを示唆する内容を、選ばれしものに話している。しかし彼が真実を語ったかどうかは謎のままである。[1]中国アメリカ合衆国の双方は壊滅的な損害を受けた。[15][Non-game 1]

余波[]

多くのアメリカ国民は、2077年10月23日の空襲サイレンに耳を傾けず、別の訓練の信号だろうと思い込んでいた。そして核が地球を焼く前にVaultは閉じられた。また運の良い少数の人々は、下水道、地下鉄、排水施設、プロウスキー保護シェルター等に逃げ込んだ。ケラー家の例では、ナショナルガード補給地に入ることができた。しかし、厚い金属や洞窟などの核爆発の熱と衝撃波の両方を防げる、強力な防御力持つ場所(ランプライト洞窟レイヴン・ロックなど)に入れなかった人々は、大量の核爆弾の応酬から生き残ることはできなかった。また致死量の放射線に被爆した人々はグールとなり、独自のコミュニティを形成した。核の応酬を生き残った人々は最初のVaultが開かれる20年後まで、残酷な文明の基礎を作る事となった。

大戦争によって世界は破壊されたが、放射性降下物の汚染度は低レベル、あるいは許容範囲内であり、多くの地域が居住可能なままであった。地球のそれらの地域で生き残った人々は、戦前の文明の廃墟に住み続け、やがて新たなコミュニティや小さな町を作ることができた。

環境[]

See also: Flora
FO3 Capital Wasteland Panorama 2

キャピタル・ウェイストランドのパノラマ

大戦争の結果は壊滅的であり、中米戦争中に広範囲に使用された生物・化学兵器がその惨状をさらに悪化させた。[16]

核の冬が訪れ、地球の気候は急激に変動した。生態系は混乱し、一般的な野菜からコカの木やケシのような特殊な作物まで、多くの植物が新しい環境で育たなくなった。[17]

その結果、生き残った人々は生き延びるために新しい手段を模索しなければならなかった。放射線に適応し、変異した作物が生存者によって採用された。変異したキャベツやトウモロコシなどの栽培品種が南西部の温暖な気候で繁栄し、[18]同様の変異が大陸北部の寒冷地帯でも広がった。[19]

人類[]

Main articles: Human, Vault, Ghoul
この忌まわしい荒地を旅すればするほど、本当にウェストバージニアを破壊したものが何だったのかが分かる。そして、生存者たちが生き延びるチャンスを失った理由も。疑念だ。これらの分裂したグループ…レスポンダーやBrotherhood of Steel、その他の連中。個々に見れば、彼らは逆境に打ち勝つために必要なすべてを持っていた。知恵も、力も、勇気も余るほどあった。それで、彼らは何をしたか? 仲間意識を高め、被害妄想に陥り、協力を拒否した。その結果、全員が命を落とした。Vault 76の皆さん、もしこれを聞いているなら、同じ過ちを犯さないでください。— 戦後の人間性について語るVault 76の監督官
FO76 Sofie Yates

ソフィー・イェーツFallout 76のイベントの前に自殺したと思われる女性

人類と文明への影響は非常に厳しく、痛ましいものであった。核爆撃直後、人々はパニックに陥り、残された資源と避難所を巡って激しい争いが始まった。生存者たちは徐々に、寄せ集めのコミュニティや無法者のレイダー集団に分かれていった。放射能による病気やウイルスが急速に広がり、自殺が大戦後数十年経っても一般的であった。[20]10月22日の夜、緊急対応部隊やアメリカ国家警備隊が動員されたものの、[21]ほとんどの通信機器が電磁パルスによって無効化され、指揮命令系統の混乱により被災者や難民への支援が大幅に遅れた。[22] 軍は支援努力を強化しようとしたが、[23]核攻撃のショックで士気が崩壊し、多くが職務を放棄した。[24]放射線病が被災者に広がり始めた頃には、状況は既に絶望的であり、[25]被災者を支援するための物資はもはや届かなかった。[26] ウィスキー鎮痛剤がほとんどの患者にとって唯一の治療手段であった。[27]

大都市の外に住んでいた人々や、限られた時間内に都市から逃げ出せた人々は、生存率が非常に高かった。また、ロバート・ハウスのおかげで直接の核攻撃を免れたラスベガスという例外もあった。彼は77発の弾頭のうち、68発を無力化または破壊することで、ラスベガスを防衛した。[28] 水、食料、医療が突然不足する中で、これらの生存者は新しいコミュニティを荒廃した土地に築き、新たな文明の祖となった。例えば、ダークウォータージャンクタウンの創設者)やアンガスハブの創設者)、メガトンダイヤモンド・シティの創設者たちがいた。

Carol

キャロルFallout 3に登場するグール

地表にいた不運な生存者の一部は、爆弾の放射性降下物や熱放射線に晒された結果、グールとなり、恐ろしい外見が他の生存者に人種的偏見を引き起こした。[29]

ごく少数の人々は、Vault-Tec社が連邦政府の要請で建設したVaultに避難した。[1] これらのVaultは、地上での核戦争の影響から人々を守るための避難所として設計されたが、その多くは単なる避難所ではなく、社会実験の場としても利用された。このため、Vaultに避難した人々の多くは、地上の苦しみから逃れる代わりに、Vault内での実験により別の形の苦しみを味わうこととなった。[30]また一部の人々は、Vaultへの入居が決まっていたにも関わらず、サイレンが鳴っても避難しようとしなかった。これは大多数の人々が、非常サイレンをただの訓練だと誤認したことによる。そして真実を知った時には既に手遅れで、核の惨劇から逃れる術を失ってしまった。[Non-game 6][Non-game 7] 残酷な社会実験の結果、奇跡的に崩壊を免れたVaultは、荒廃した土地における文明のもう一つの源となった。例えば、Vault 15の住人はシェイディ・サンズの村を創設し(およびカーンバイパージャッカルのレイダー部族)、ロサンゼルスVaultアディタムの設立に繋がり、Vault 8Vaultシティの設立に繋がった。

戦争の開始時刻[]

Fallout 4(2015年)の冒頭では、大戦の正確な時間が描かれている。ゲームは戦前のボストンの朝、爆弾が落ちる直前から始まり、大戦争が東部標準時の午前9時47分に発生したことを示している。ニューヨークとペンシルベニアは午前9時42分に攻撃を受け、[31]ボストンとワシントンD.C.はその5分後の午前9時47分に攻撃された。[32][33] この時間はFallout 3(2008年)で最初に描かれ、すべての時計が9時47分で止まっている。ワシントンD.C.に住むキャリー・デラニーの残した記録によると、10月23日の早朝にリトル・ランプライト洞窟へ子供たちと遠足の準備が進められていた。[34](同じ時計はFallout: New VegasDLC Honest Hearts でも再利用されており、ネバダ州のスリーメアリーズの瓦礫の中にある時計も、東海岸から2時間遅れた時差があるにも関わらず同じ時間を示している)。Fallout 3でプレイヤーに自分の生き延びた経験を語るグール、キャロルは、D.C.の前に西海岸が攻撃されたと述べており、その間に時間が経過し、ニュースが彼らに届き、核シェルターに入ることができたと主張している。[10]

この時間軸は後続のゲームでも一貫して維持されている。(例:Fallout 76曲路の宮殿にある端末では、技術者のグループが「地平線に明るい光と空に火の雲」を10月23日の朝に目撃したと記載されている)。[35] ただし、例外が一つある。Old World Bluesのイントロ Fallout: New VegasDLC Old World Blues (2011年)では、爆弾が夜に落ちたと述べている(「2077年10月23日の夜、科学者たちはすべての疑問を解決する答えを得た」)。しかし、東部標準時の午前9時47分には、すでにアメリカ本土の各地で夜明けを迎えている。[Non-game 8] これは唯一の例外であり、Fallout: New Vegas (2010年)でロバート・ハウスは、「プラチナチップが10月23日の午後に届けられる予定だったが、その時にはすでに世界は終わっていた」と述べている。

舞台裏[]

  • 2022年10月のインタビューで、大戦争を誰が始めたのかについて質問された際、レナード・ボヤースキーは、それが誰であれ重要ではないと考えていると述べた。ティム・ケインは、中国が最初のミサイルを発射したが、アメリカが違法なバイオテクノロジー研究を行い続け、それが大戦のきっかけとなったという意図があったと述べた。[Non-game 9] ただし、ティム・ケインは、自分はもうFalloutの正史を管理していないとも述べ、ベセスダが決定することが正史であると述べた。
    • 2023年10月のインタビューで、ティム・ケインは、自分の最初の構想において、中国が最初の核ミサイルを発射し、それが大戦の引き金となったと述べた。中国はFEVの開発を知った後に挑発され、アメリカが開発を完全に止めるよう要求したが、アメリカはそれを「移動させる」だけで、生物兵器が禁止されているにもかかわらず開発を続けた。[Non-game 10]
      • ただし、FalloutのTVドラマでは、少なくともVault-Tecが核戦争を引き起こすことを検討していたことが示されており、戦争に直接関与した可能性があることを示唆している。TVドラマのシーンでは、Vault-Tecが実際に核戦争を物理的に始めたことは示されていないが、その提案の一部として示されている。シリーズを振り返り、ティム・ケインは、Vault-Tecが最初の核を落とすチャンスを得られなかったと信じているとコメントし、ジャニー・ハワードは父親と誕生日パーティーに出席するのではなく、バーブ・ハワードとともにVaultにいるだろうと指摘している。[Non-game 11]
      • Fallout: New Vegasでは、ロバート・ハウスが、「準備するのに十分な時間があると思っていた。しかし、実際には20時間足りなかった」と述べている。TVシリーズでも彼はエグゼクティブ会議の一員であり、これはVault-Tecが最初の核を落とさなかったことを支持している。
  • モディフィウスのDiscordサーバーの投稿で、Fallout開発者のジェシー・ハイニグは、大戦について次のように述べている。「個人的には、戦争を始めたのが誰かという質問よりも、どのような政策とアジェンダの失敗が世界的な核戦争に至る条件を作り出したのか、という質問の方が興味深いと思う。私は(そしてティムも同じだと思う)最初のミサイルを発射したのが誰かよりも、人々が文明を破壊することが他のすべての選択肢と比較して最善の行動だと感じたような状況を作り出した、どのような愛国心、復讐心、帝国主義、人種差別があったのかに興味がある。」[Non-game 12][要明確化]
  • Fallout TrilogyのPCカバーでは、この戦争は「第三次世界大戦」と呼ばれている。Falloutのイントロでは、ナレーターが「世界大戦の嵐が再び訪れた」と述べている。
  • 中止されたFallout映画のスクリプトでは、中国、インド、北朝鮮が最初の爆弾を発射したのではなく、Vault-Tec Vaultsの創設者が自らの予言を成就させるために最初の爆弾を発射したとされている。[Non-canon 1]
    • 前述のように、Fallout TVシリーズでは、Vault-Tecが何らかの手段で大戦を促進することに少なくとも興味を持っていたことが示されており、最終的にはVault-Tecだけが残り、地表のほぼ完全な支配権を持つことを期待していた。[TV series 1] バーブ・ハワードは、これを提案の形でしか述べていない。しかし、この概念は、バド・アスキンスノーム・マクレーンに話す際に「地表をきれいに掃除した後」と述べるときにも再び暗示されているが、アスキンスがVault-Tecまたは人類全体を指していたのかは不明である。リー・モルデイヴァーもまた、シェイディ・サンズが核で破壊された運命について話す際に、「200年前と同じように、それがVault-Tecの競争相手への対処法だ」と述べている。

ギャラリー[]

マジック:ザ・ギャザリング

参考文献[]

  1. 1.0 1.1 1.2 Fallout intro
  2. Capitol Post terminal entries; Capital Post Top Stories -- January 11, 2077, Commies Crushed - Alaska Liberated!
  3. Capitol Post newspaper Monday, January 11, 2077.
  4. Newscaster: "And now, our exclusive coverage of the continuing volatile situation with Communist China. Chinese forces may have finally been driven from Anchorage, but the conflict has transitioned into a frighteningly tense stalemate. With diplomacy all but suspended, and conventional warfare taking a historic toll on both sides, many have wondered if the good old U-S-of-A hasn't finally entered into a fight it just can't win."
    (Newscaster's dialogue)
  5. Boston Bugle building terminals; Boston Bugle article terminal, article 2
  6. Sierra mission statement
  7. 運び屋: "あなたはラスベガスを救ったと言いますが、どのようにしてですか?"
    Robert House: "2065年までに、15年以内に核戦争が地球を壊滅させることが数学的に確実であると見なした。すべての予測はそれを確認した。私は「世界を救う」ことはできないし、そうするつもりもなかった。しかし、ベガスを救い、その過程で人類を救うことはできると思った。ハウスはすぐに準備を始めた。十分な時間があると思ったが、実際には20時間足りなかった。"
    (ロバート・ハウスの会話)
  8. ポスター
  9. 9.0 9.1 9.2 The Switchboardターミナルエントリ; 中央ターミナル、DEFCONステータス - 2077
  10. 10.0 10.1 The Lone Wanderer: "戦争が始まった日のことを覚えていますか?"
    キャロル: "覚えています...爆弾が落ちたとき、私は父と一緒にシェルターにいました。DCでは、西海岸が壊滅した後、警告を受ける余裕がありました...当時私はまだ小さな女の子でした。Vaultのスペースを確保することはできませんでした。シェルターに駆け込んだ時のことを覚えています。父は他の家族を助けるために立ち止まり、私は父の名前を呼びました...光が閃き、信じられないほど明るい光が見えました。数時間後に目が覚めた時、まず父がいた場所に駆け寄りました。父は...いなくなっていました。しかし、一番奇妙なことに...そこには父の影が壁に焼き付いていて、まるで私の隣に立っているかのように鮮明でした。その熱がコンクリートに影を焼き付けたのです..."
    (キャロルの会話)
  11. ブラックマウンテンターミナルエントリ; ターミナル、ログ672
  12. ブラックマウンテンターミナルエントリ; ターミナル、ログ674
  13. ブラックマウンテンターミナルエントリ; ターミナル、ログ675
  14. Zao: "ああ...それは正しい質問だ。200年前、私は揚子江の高威力核ミサイルをすべて発射した。命令通りに。"
    (ツァオの会話)
  15. 選ばれし者: "ここで何が起こっているのか教えてくれますか?"
    ディック・リチャードソン "本当に知らないんだな?人類の救いについて少し歴史を話してやるよ。"
    選ばれしもの: "続けて、大統領..."
    ディック・リチャードソン "私たちが生まれるずっと前に大戦争があった。私たちの勇敢な兵士たちはユーコンから揚子江まで戦った。"
    選ばれしもの: "その部分は知ってるよ。続けて。"
    ディック・リチャードソン "私たちは勝ちつつあった。だが、あのクソ共産主義者どもが持っている全てを発射しやがった。私たちはかろうじて自分たちのミサイルを発射した。"
    選ばれしもの: "それが私たちにとって大きな助けになったようには見えないけど。"
    ディック・リチャードソン "いや、それはそうだ。だが少なくともあのクソ共産主義者どもを石器時代にまで叩き戻したんだ。"
    選ばれしもの: "そして私たちも一緒にな。"
    ディック・リチャードソン "いや、そうではない...見ての通り、私たちは準備していた。"
    (ディック・リチャードソンの会話)
  16. The Vaultの住人: "何がすべての変異の原因なのですか?"
    [Vree|ヴリー[]]: "戦争で使用された核兵器と生物遺伝兵器の間で、もっと多くの変異が起きていないのが不思議です。しかし、我々が耐えれば、すべては大丈夫です。"
    (Vreeの会話)
  17. マイロン: "問題は、新しい気候では最良の薬を作るのに必要な野菜のほとんどが育たないということだ。"
    "コカの木やケシの栽培を試みたが失敗し、最終的にキノコが最適だと判断した。"
    (マイロンの会話)
  18. 例: "植物だ。"
    "これは変異したキャベツのようだ。暖かい気候で繁栄している。"
    (Falloutの風景説明)
  19. 例: "植物だ。"
    "これは変異したトウモロコシの茎のようだ。この条件下で繁栄している。"
    (Falloutの風景説明)
  20. メグ・グローバーグ: 「戦後、多くの人が全てを終わらせることを選んだと知っていた。私の母もその一人だった。世界は今や悲しい場所だけど、私たちは生き延びなければならない。」
    (メグ・グローバーグのセリフ)
  21. ジャーマンタウン警察本部の端末記録; ログ2
  22. ケンブリッジ・ポリマー・ラボの端末記録; ディレクターの端末, それは警告だった
  23. ジャーマンタウン警察本部の端末記録; ログ3
  24. ジャーマンタウン警察本部の端末記録; ログ4
  25. ジャーマンタウン警察本部の端末記録; ログ5
  26. ジャーマンタウン警察本部の端末記録; ログ6
  27. ジャーマンタウン警察本部の端末記録; ログ7
  28. 運び屋: 「ラスベガスを救うためにどんな準備をしたのか?」
    ロバート・ハウス: 「大戦の日、77発の原子弾頭がラスベガスとその周辺地域を狙っていた。私のネットワーク化されたメインフレームは59発の弾頭に無効化コードを強制送信し、衝撃前にそれらを無力化した。ラッキー38の屋根に設置されたレーザー砲はさらに9発の弾頭を破壊した。残りの弾頭は通過したが、都市そのものには当たらなかった。最適とは言えないが、プラチナチップが1日早く届いていれば…」
    (ロバート・ハウスのセリフ)
  29. 選ばれし者: 「この場所について教えてくれ。」
    ウーズ: 「特に話すことはない。ただのグールの寄せ集めがしぶとく生きているだけだ。」
    選ばれし者: 「いや、このバーについて教えてくれ。」
    ウーズ: 「まあ、ハープの名前は戦前に私がよく通っていたお気に入りの場所にちなんでいる。それは過去を思い出させるためのものだ。一種の冗談で、私たちがより良い待遇を受ける唯一の方法の冗談でもある。」
    選ばれし者: 「戦前?それは随分と昔のことだ。」
    ウーズ: 「本当に随分と昔のことだ。グールがどうやって作られると思う?ある日突然、自分の体が腐っていくのを体験してみたいなんて思ったとでも?核爆発の光と熱で肉が焼け落ちて、でも完全には死なないような放射能でな。」
    選ばれし者: 「いや、まあ、そうは思わなかったけど…」
    ウーズ: 「まあ、そうだろうな。嫌な記憶を思い出させてくれてありがとうよ。この町はほとんど廃墟同然だ。」
    選ばれし者: 「私はもう少し焼いた方が好きだな。さて、他に何か聞きたいことがあるか?」
    (ウーズのセリフ)
  30. See Vault for references.
  31. スイッチボードの端末記録
  32. 戦争は決して変わらない
  33. ニュースキャスター: 「続いて…はい、続いて閃光が。目を焼くような閃光です。爆発音…確認しようとしていますが…我々は提携局との連絡を失っているようです…入ってきました…確認された報告があります。繰り返します。ニューヨークとペンシルベニアでの核爆発の確認された報告です。神よ。我々の兵士たちは正しかった。人は...過ちを繰り返す。」
    (ニュースキャスターのセリフ)
  34. キャリー・デラニーの日記
  35. 曲路の宮殿の端末記録; ガイド付き瞑想端末

非ゲーム

  1. 1.0 1.1 Fallout history marketing picture
  2. Fallout 3 Official Game Guide Game of the Year Edition p.43: "Chinese Army (Simulated)
    U.S. Army (Simulated)
    アメリカと中国の間の緊張が高まる中、ベーリング海峡を越えた侵略を防ぐためにアラスカに軍事基地が設置された。急速に減少する石油資源の中で、太平洋の海底にある最後の深海油田が中国によって主張されたが、アメリカの特殊部隊によって破壊工作が行われたとされる。緊張はさらに高まり、中国はアラスカに進軍し、2066年から2077年にかけて米中戦争が勃発した。ジンウェイ将軍の指揮下、中国軍はアラスカの石油パイプラインと資源を掌握した。これに対して、アメリカ軍は「アラスカ奪還作戦」(2067年—2077年)を開始した。コンスタンティン・チェイス将軍の指揮の下、アメリカ軍は前線で激しく戦い、チェイス将軍は専門のパワーアーマー部隊を配備して中国軍を押し返し始めた。戦争が長引くにつれ、次世代のパワーアーマーが改良され、トランスアラスカパイプラインが奪還された。資源がカナダを通じて流れ込み、カナダとアメリカの間の外交関係が緊張する中、カナダ軍がパイプラインを攻撃したため、カナダは併合された。悪天候、アメリカの絶え間ない爆撃と塹壕戦、およびアメリカのパワーアーマー部隊による攻撃の組み合わせにより、中国の補給線は弱体化し、最終的に完全に崩壊した。2077年初頭には、アンカレッジ市がついに解放され、中国の侵略者は根絶され、作戦は成功と見なされた。ワシントンD.C.には、より大きなアメリカの利益のために戦い、命を落とした兵士たちを称える記念碑が建てられた。アメリカとカナダの自由戦士との間の暴力は2077年を通じて続き、大戦争がほぼすべてのインフラ、商業、および人命を破壊するまで続いた。"
    (Fallout 3 Official Game Guide faction profiles)
  3. 3.0 3.1 Fallout Bible 0: "2074 Contrary to their claims of seeking only to retake Alaska from the Reds, American Power Armor units, infantry, and mechanized divisions are deployed to China, but they become bogged down on the mainland, putting a further drain on American resources and supply lines."
  4. Fallout Bible 0: "2077年3月 中国からの核攻撃または生物兵器攻撃に備え、大統領とエンクレイヴは世界各地の遠隔地に退避し、戦争を継続するための非常計画を立てた。"
  5. 5.0 5.1 Vault Dweller's Survival Guide p.11: メガトン級の兵器はほとんど退役し、より小型の弾頭に置き換えられている。現代の戦略核弾頭の威力は、いくつかの例外を除いて、通常200~750キロトンの範囲にある。最近の気候モデルを用いた研究では、この出力の低下が、降下物の多くが下層大気に堆積し、1960年代や70年代に行われた研究で想定されていたよりもはるかに速く、より集中した降下物の堆積をもたらすことが示されている。高出力兵器が退役し、より多数の低出力兵器に置き換えられたことによる戦略的総出力の低下は、実際には降下物のリスクを増大させている。"
  6. Fallout Bible 0: "2069年3月、Vault 13がついに完成する。これは最後のVaultであり、訓練が開始される。その遅い完成のため、オオカミ少年効果が他のVaultほど顕著ではない。」
  7. Fallout Bible 0: "2077年10月23日、大戦争:爆弾が発射される。誰が最初に攻撃したのかは不明であり、爆弾が中国から来たのかアメリカから来たのかさえも知られていない。空襲警報が鳴るが、ほとんどの人々はそれが誤報だと思い、Vaultに入らなかった。Vaultは封鎖された。」
  8. Day and Night World Map
  9. 25周年記念Fallout Wikiラウンドテーブル
  10. 26年後、オリジナルのFallout共同制作者がRPG最大の議論に決着をつける:誰が最初の核を落としたのか、そしてなぜか?
  11. オリジナルFalloutのリードデザイナー、ティム・ケインがTV番組を愛したと語る
  12. Discordリンク

非正史

  1. Fallout映画のスクリプト

TVドラマシリーズ

  1. 1.0 1.1 Fallout TVシリーズ, エピソード8: "The Beginning"
Advertisement