FANDOM


 ... 
Gametitle-FO1Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FNVGametitle-FO4
Gametitle-FO1Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FNVGametitle-FO4Gametitle-FOTGametitle-FOBOSGametitle-FOT2Gametitle-FBGametitle-VBGametitle-FOBOS2
Here and Now head
翻訳が必要
このページは翻訳が必要な箇所があります。「編集」からFallout Wikiを手伝うことが出来ます。固有名詞の翻訳は固有名詞一覧を、見出しなどは用語一覧を参考にしてください。

FEVは完成間近だ。実験動物たちへの試験成功率は100%に近い。大きさと筋力の密度はおおよそ60%増大し、潜在的な知能は200%まで増大した。人間の被験者に対しての効果は未だ不明確であるが、理論的には同様の効果が現れるだろう。軍は研究が更に先へと進むことを望み、中部カリフォルニアのMariposa軍事基地に大規模な施設を建設した。この新たな施設では、軍からの自発的な被験者たちに対してFEVウイルス試験が続けられていく。

FEV research log, recorded in 2077.

新ペストを治療可能なものにするための研究がForced Evolution Virusを生み出しました、しかしその試みは感染性の遺伝子操作ウイルスを作るというものへと更に発展します -- 要するに、伝染する進化です。

ZAX 1.2

Forced Evolutionary Virus (FEV/F.E.V./強制進化ウイルス)はFalloutにおける突然変異とその原因の主な要因である。 スーパーミュータントマスター、そして恐らくいくらかのグールたちはFEV感染を原因として発生した。スーパーミュータントの他にも、マスターはウイルスを使って常軌を逸する生き物を多様に作り出した。フローターケンタウロス、そして可能性としてデスクローなどが含まれるが、作り出された生き物がこれらだけとは限らない。FEVは様々な形で全てのFalloutシリーズに、大抵はそれぞれの敵対者の目的に役立つ形で存在する。マスターは彼自身のスーパーミュータント軍団を作り出すために、エンクレイヴは世界中の突然変異を浄化するためにFEVを利用した。

ウイルス学編集

ZAX 1.2はFEVの構成を詳細に把握している。FEVによる影響をまとめた文書はZAXによって記録された。FEVを利用した者はマスター、マスターに仕える中尉チャールズ・カーリング、そしてDr.レスコがおり、更にFEVによって変異した者はハロルドタリウスマーカスフォークスストロングバージルタビサなどがいる。

構成編集

ZAX 1.2によると、FEVは電離水素でタンパク質を覆い補強することにより放射能への免疫を作り出す流動的な吸収性メガウイルスである。これは感染/摂取した検体の種への遺伝子情報の特殊な介在配列が予め決められている。FEVはRNAのように宿主の細胞のDNAを複写することで働き、それらをエクソンに取り入れて宿主の細胞内に予め決められていた介在配列を再導入する。FEVの特徴として反復的な遺伝子情報の利用により、遺伝子の複写と導入が際限なく繰り返されることである。[1]

効果編集

FEVによる働きは共通して被験者を不必要に高めるような変異を引き起こす。その他、純粋なゲノムは感染により不妊化される。[要出典]

ZAX 1.2によると、不妊化はFEVが"半数体"(haploid gametes)を遺伝子の損傷と認識し修正することで引き起こされる。不妊化効果はマスターによって発起されたミュータント軍団やガモーリンの軍団アッティスに対する一般的な懸念要因である。ガモーリンの軍団と中西部B.O.S.との交渉に置いて不妊の解決はガモーリンの軍団を説得し得る手段となる。[2]

FEVが空気感染によって変異することが無くなった唯一の原因として、マスターに仕える中尉は放射能によって遺伝子が堕落し、FEVに対する免疫が生まれたせいであると認識している。 [3]

効果が現れると、FEVは一般的に筋肉と脳の質量を増大させる。[4]

FEVに晒されても繁殖力を残していたのはただ一つの種族だけである。Vault 13のデスクローたちの場合、知能が向上したうえで更に繁殖し続けたことが判明している。

Gametitle-FB情報はthe Fallout Bibleに基いています Falloutの正史には含まれない情報です.
Fallout Bilbleによると、FEVはほとんどの種族を不妊化させるが、全ての種族がそうなる訳ではないとされる。これらの例外はネズミカマキリラッドスコーピオン、そしてデスクローである。繁殖能力というものは種族が生存していくうえで時に必要になるものであるため、カマキリのようなFEVによって変異しても簡単に殺せるような生き物は繁殖を必要としたと考えられる。
Gametitle-FBthe Fallout Bibleに基く最終的な情報です

感染/接種編集

ZAX 1.2によると、FEVは空気感染する力が無いとされる。これが真実の場合、マスターに仕える中尉の免疫説が否定されることになる。しかし、数十年後にチャールズ・カーリング博士が制作に関わって改変されたFEVは空気感染している"aerosol solution"

FEVは基本的にマリポーサ軍事基地のような施設で被験者とFEVサンプルを直接接触させるか、被験者に注射するなどして接種される。 [5]

FEVの歴史編集

大戦争以前編集

中国米国の間に起きた2077年の大戦争以前の数年間、両陣営はいずれ来る戦争に備える為に新たな兵器の研究を推し進めていた。中国政府は透明化に関する研究計画に出資したが、米国政府はアメリカの民間企業に中国を倒すことのできる極秘の生物兵器を開発するよう提供することを要求した。高い技術力で科学的な研究を行う企業として知られているウェストテックは既にアメリカの防衛を請け負う主要な契約企業であり、世界規模で見ても頂点と言える存在となっていた。最初のFalloutにおいて、Vaultの住人は新カリフォルニアに存在するThe Glowという場所を探検した。そこは大戦争の最中に中国によって直接標的に指定されていたウェストテックの地下研究施設であった。放射能に汚染された遺跡を探検する中で、Vaultの住人はウェストテックがアメリカ軍の為に不安定ではあるが実用的な、生物学と化学を用いた原子力を使用しない兵器を作り出していたことを発見する。強力なレーザー及びプラズマ兵器の実験もこの施設で行われており、一人の兵士を戦車に変えることのできる機械化された一式の大型戦闘防護服「パワーアーマー」もまたここで開発されていた。最も重要なのは、生物兵器と戦うためにこの施設で免疫機能を向上させる薬剤の研究がウェストテックによって行われ、それがPVP、後にはFEVの創出に繋がったということである。

大戦争以前、アメリカ軍は中国がアメリカの兵士たちに向けて、一発の銃弾も無しに軍隊や民間人を殺してしまう、遺伝子組み換えされたスーパーウイルスを利用した生物兵器を投入するだろうと恐れていた。このため、ウェストテックは人間の免疫系を刺激して中国の生物学的な物質を打ち消すことができるように、汎免疫性ウイルスプロジェクト(PVP)を開始した。それは被験者のDNAを二重らせん構造から四重らせん構造に変換し、ほとんど全ての知られている、あるいは設計された病原体への免疫を受容者に与えることを目的にしていた。 2075年のウェストテックによるPVP実験の最中、被験者に異常な副作用が発生したことが認められた。実験動物の大きさと筋肉構造が大型なものへと劇的に成長し、更に脳活動もまた増大したのである。軍事的に応用できるこの予想外の結果を見て、米軍は自軍の科学者をこの施設に投入し、PVPウイルスは強制進化ウイルス(FEV)へと改名された。病気に対する免疫を生じさせるだけに留まらず、軍の研究員はFEVによって兵士たちを異常に強靭で知的な超人に変えて、中国軍兵士たちを幾度も敗北させることができるようになることを希望した。動物への実験が理論的に結論付けられた時期に、アメリカ軍はFEV研究に関わるあらゆる設備をカリフォルニアにある軍のマリポーサ軍事基地へと移動させ、そこで軍の受刑者たちを使って極秘の人体実験を行うようになった。

大戦争編集

しかし、残酷な性質の研究は多数の米国人の気力を大きく奪うこととなった。基地を防衛している駐屯地では軍の職務の性質上、下級の米軍兵士たちにこの真実が発覚した時の反発を考慮して詳細は伏せられていた。駐屯地の将校であったロバート・スピンデル大佐は突然に正気を失い自殺してしまう。副司令官であるロジャー・マクソン大尉は兵士たちの指揮を執りマリポーサの科学者たちへの尋問を行った。科学者が被験者に対して行っていた非人道的な行為に苛立ち、科学者たちが国防総省からの命令に従っていただけということを信用せず、マクソンは研究者たちを処刑した。その後、彼はマリポーサ基地が米国から完全に分離したことを宣言し、彼の部隊もまた米軍から離れたものとなる。これらの行動から僅か数日後、2077年10月に中国とアメリカの戦争は最高点に達し、双方の核爆弾が空へ向かって放たれ、米国という一つの国家は終焉を迎える。マリポーサ基地とFEV被験者の末路や処刑された研究者たちに嫌気がさし、マクソンはマリポーサ基地から先端技術が用いられた軍の装備や知識を持ち出し、彼らの兵士やその家族を率いて合衆国政府のロストヒルズ非常用地下シェルターに向かうことを決め、そこでBrotherhood of Steelを結成する。

リチャード・グレイの探検隊編集

爆弾の投下後、マリポーサ軍事基地は長い間静寂に包まれていた。しかし大戦争からしばらく経った後、後にミュータントとなるハロルドを含む新カリフォルニアからの探検者たちによって、この地点から来ていると思われた変異した動物たちの奇妙な増殖を終わらせる手段を探している最中にこの基地が発見された。

この探検はセーフハウス計画のためVault-Tec社によって作られた大型の地下シェルターの一つ、Vault 8から追放されるまではリチャード・モローとして知られていたDr.リチャード・グレイによって率いられた。グレイたちがマリポーサ軍事基地に足を踏み入れた時、ほとんどの彼の仲間は基地で未だ活動していたロボットの防衛システムと遭遇したことによって殺された。ついにはその探検で生き残ったのはグレイとハロルドだけとなり、ハロルドは不意に打ちのめされたが、予想外に砂漠の中でグールとしての特徴を発現しながら目覚めることになる。一方、グレイは非常に大きな問題に直面することとなった。彼は緑色の大きく泡立つ栄養液、FEVが貯水槽の中に多数保管されている部屋に辿り着く。グレイは自動化されていたクレーンに当たってしまい、不運にも貯水槽の中へ落とされてしまう。彼が貯水槽の外へ出ることができたのはFEVに完全に晒されてから一ヶ月が過ぎた後だった。FEVが身体に注入されきったと同時に、グレイはこの緑の栄養物との物理的接触が上手くいったことを悟る。彼は急速におぞましく変貌していき、肉体は触手の塊へと変わっていった。しかし、彼の精神力は強靭なものとなり、自分以外の生き物を消費することで彼の精神力は更に発達していった。ウェイストランドの放浪者が基地を探索しに来ると、モローは人間を実験体としてFEVとの物理的な接触を用いた実験を始めた。

マスターの到来編集

Vats

FEV vats at the Mariposa Military Base.

グレイは実験によって被験者が変異過程を経て生き延びた場合、大抵は子供のような知性を持った巨大なけだものとなってしまうことに気付く。しかし、少数の希少な被験者はスーパーミュータントと呼ぶに値する超人へと変異した。病気への免疫を持ち放射能を電離し、並外れた筋力と知力、そして持久力を備えていたのである。スーパーミュータントとなる者は決まって純粋な人間だった。また、彼らはFEVに感染することによりとてつもなく長い寿命を手に入れたが、完全に不妊化されていた。(この時グレイが知ることは無かったが)グレイは自らをマスターと名乗るようになり、大戦争による核の虐殺によって引き起こされた不必要な人間文明の破壊を嘆いていた。そんな複雑で不愉快な状態の中で、彼らが持つ破壊的な衝動を抑える為にグレイは人類を強制的に進化させることを決意する。もしも彼らがスーパーミュータントのように完璧な存在ならば、人間が争うことも苦しむことも無くなるだろう。マスターはそのような流れに沿って進化できない者たちの死を願った。マスターは汚染されていない純粋な人間たちを新カリフォルニアで新たなミュータント、そしてマスターズアーミーを作り上げるに足る者たちを探し始めた。

しかし、新たなスーパーミュータントたちを作る過程で今まで注目されていなかった部分が証明される。大半のスーパーミュータントたちはマスター、後には彼に仕えている中尉によってマリポーサ基地のFEV水槽を用いて作り出されたが、それらは大きく馬鹿なけだものだった。肉体的な面では元々彼らは純粋な人間よりも優れていたのだが、子供のような知能へと成り下がったのである。マスターはこの変異の乱雑性にはそれぞれの人間が放射能をどれだけ浴びたかということが関連しているとして、核による放射能が蔓延した環境に晒されていない人間はFEV感染後により知的なミュータントに変異すると考えた。(彼の個人的な日記より)しかし彼に仕えている中尉はまた別の考えを持っている。中国の核爆弾がウェストテック研究施設に直撃し、The Glowとして知られるようになった際、その核による衝撃波がFEVで満たされていた栄養溶液水槽をひび割れさせた。そして核爆弾の放射能によってFEVは空気感染するように変異した。しかしこの新たな空気感染するFEVは人間に対して本来の変異を引き起こす機能が失われた。それは感染したものに対して元のFEVに対する抵抗性を植え付け、FEVによる変異をある程度抑制するワクチンのような役割を果たした。結果、FEV変異を理想的に引き出すことのできる被験者は空気感染型のFEVに晒されていないものたちに限られた。これらの条件の両方-放射能に晒されておらず、空気感染型のFEVを摂取していない-に該当する者たちは、Vaultの住民たちである。各Vaultには感染すれば知的なスーパーミュータントに変わるであろう被験者たちが1000人程度存在していた。どちらがFEV感染に影響を与えたのかをはっきり決めることはできなかったが - 放射能の蓄積量か空気感染型FEVを摂取したか - 、経験則としてそれらに晒されていない被験者は放射能、科学、生物学的な面でも良いと判断された。

2162年Vaultの住人として知られる人物によりFEV水槽、マリポーサ軍事基地は破壊され、ロサンゼルスの南に存在する彼の大聖堂の中でマスターは殺された。

エンクレイヴと改良型FEV編集

主要記事: FEV Curling-13

2236年、合衆国政府の生き残りであるエンクレイヴによってレディングから集めた奴隷労働者を主に利用してマリポーサ軍事基地の残骸が発掘され、やがて基地の下層の奥に残されていたマスターのFEV水槽が発見される。何十年もの間岩に埋まって忘れ去られていたが、未だ水槽はには緑色で泡立つFEVの栄養液が含まれていた。エンクレイヴは更に解析する為、カリフォルニアの太平洋沿岸に存在する彼らの司令部、オイルリグへとサンプルを集めて送った。それからしばらく経った後、奴隷坑夫たちは - ある者は未加工のFEVに晒されて、あるものはFEV水槽に事故的に転落して - 第二世代のスーパーミュータントへと変異していった。変異した奴隷はすぐにエンクレイヴの警備を打ち倒した。最初のスーパーミュータント軍団が廃墟に残していったあらゆる使えそうな武器を掴み、スーパーミュータントたちは上層に強襲し素早く基地内に居たエンクレイヴの部隊へと向かっていった。混乱しながら撤退する最中、エンクレイヴの部隊は上層へと逃げ延びて爆発物を使い、入り口を封鎖した。これにより、第二世代のスーパーミュータントは基地内に閉じ込められることになった。

マリポーサでの被害の後でも、エンクレイヴは科学者たちが必要とするFEVのサンプルを保有していた。オイルリグに戻った後、エンクレイヴの化学隊は直ちに血清を作るために働き始めた。彼らはFEVから驚くほどに有用で致死性のある毒を作り出せることを発見する。Dr.チャールズ・カーリングはアメリカ合衆国大統領であるディック・リチャードソン指揮下のこの計画を率いる人物だった。研究の発展のため、エンクレイヴは被験者を必要とした。彼らが必要としたのは汚染されていない純粋な人間のグループと、核による放射能と空気感染型のFEVに晒され続けた西海岸の本土に生きる"ミュータント"のグループである。エンクレイヴにとって、これはウェイストランドの人々が純粋な人間と比べてどれほど遺伝子が汚染されていて、注意するべきでないかを晒すことができた。ミュータントのサンプルはアロヨという街からあらゆる住民を拉致することで簡単に獲得できた。彼らはVault 13の住人たちの子孫であり、Vaultから離れたあと変異に晒されていると考えられていた。

純粋な人間のグループを獲得することは難しかった。エンクレイヴはオイルリグに住む化学隊を使うつもりはなかった。そのため、どこか別の場所を探す必要があった。再び、本土から集めるという条件で捜索が開始された。合衆国政府が戦前行ったVault実験計画を利用し、エンクレイヴの科学者たちはVault 13の純粋な人々を使うことを決定した。そしてエンクレイヴの部隊はVault 13に向かい、Vault 13のコンピューターに扉を開けるよう指示を送った。驚いたVaultの住人たちの些細な抵抗に対処した後、エンクレイヴの部隊は科学隊のFEV実験のためにベルチバードの中へとVaultの居住者を押し込み、オイルリグへと切り上げた。

それより以前、科学隊はウイルス性の強い毒素を開発した。僅かにでも放射能、あるいは空気感染型のFEVに晒されていれば100%人間を死に至らせるというものである。エンクレイヴは北米からジェット気流に乗せて本土に住むあらゆる人々を殺戮するため、発射を待機していた。その最中に選ばれし者がサンフランシスコの廃墟に長年放置されていたポセイドンオイルタンカーを使ってオイルリグへと到達する。彼はVault 13の人々とアロヨの部族民を介抱し、エンクレイヴの司令部を跡形もなく破壊するためにオイルリグの自爆シークエンスを開始させ、改良型FEVからアメリカの様々なウェイストランドに生きる人々を救い出す - 一時的に。

キャピタルウェイストランドとFEV編集

キャピタルウェイストランドワシントンD.C.の廃墟を中心とする米国の東海岸では、黄色い肌のスーパーミュータントとキメラのようなミュータントとして知られているケンタウロスが共に現れていた。後にこれらのスーパーミュータントとケンタウロスは改良されたFEVによって出現した東海岸特有のものであることが発覚する。キャピタルウェイストランドのVault 87には多量のFEVが供給されていた。2077年、中国の核爆弾がワシントンD.C.に落とされた際、米国政府とVault-Tec社が仕組んだ極秘のVault実験計画の一環として、Vault 87の住人たちは改良が加えられたFEVに強制的に感染させられることになる。このVault 87で使われた改良FEVは黄色い肌を持ち、年を経るにつれて強く大きくなるが知能が大幅に低下してしまうスーパーミュータントを作り出した。このウイルスはマスターにより修正が加えられていた新カリフォルニア州のウイルスによる変異に比べると、"健康的な"ミュータントを生み出しているように思えた。しかし、キャピタルウェイストランドで高い知能を持つスーパーミュータントが生まれることは非常に少なく、"文明的な"スーパーミュータントはFallout 3においてはアンクル・レオフォークスとしか出会えない。Vault 87において、孤独な放浪者は二人のスーパーミュータントが強い人間を"緑のもの"に接触させることでより強いスーパーミュータントを作ることができるという会話を聞くことができる。この会話からウェイストランド中のスーパーミュータントの捕虜たちが最終的にどのような運命が待ち受けているのかを意図することができ、何故彼らが単純に殺したり食べたりしてしまわないかの理由となっている。アンクル・レオはスーパーミュータントは定期的に人間を連れ去って更にスーパーミュータントを作り出すため、彼らのVault 87にあるFEVを消費していることを言及している。

クエストThose!の最中、キャピタルウェイストランドに存在する蟻の大きさを縮小させるためにDr.レスコがFEV(おそらくは変異したもの)を特に配慮無く使い、遺伝子を手短に改良することを試みた。この手っ取り早い方法の結果、蟻は火を吐き出す能力を植え付けられ、グレイディッチの人々が死ぬ原因となる。ウイルスは制御されていると思われるマリゴールド駅の端末の横に保管されている。

エンクレイヴのジョン・ヘンリー・エデン大統領は孤独な放浪者に対して30年前に西海岸のエンクレイヴによって開発されたものと同様の改良型FEVを使って浄化装置を起動する際に汚染するように説得を行った。それは以前のFEVと同じようにあらゆる放射能を浴びた、もしくはウイルスによって変異した種族を殺すためにエンクレイヴによって作られていた。もしも孤独な放浪者がエデンの計画に手を貸した場合、アドオンBroken Steelではポトマック川の水の浄化によって新たな始まりを見つけることを望んでいたウェイストランドの人々は消えることとなる。

連邦とFEV編集

いつかは明らかになっていないが、インスティチュートは連邦に改良したFEVを持ち込んでいる。インスティチュートが戦前から先進的な科学技術を持つコモンウェルス工科大学として知られていたことを考えると、FEVを入手した時期は爆弾投下以前にまで遡る可能性もある。この可能性に関する証拠になりうるものとして、ボストンコモンの池に住んでいるスーパーミュータントベヒモスであるスワンの日記が考えられる。この日記では彼が実験の被験者になることで二度目の機会を与えられた、戦前から有罪判決を受けていた犯罪者であることが読み取れる。

大戦争の後、インスティチュートは先進的な技術革新を続けていくために地下に潜り、FEVに関する調査も進めていった。ブライアン・バージルの指揮の元、インスティチュートは定期的に地上から油断している人々を誘拐し、バイオサイエンス部門のFEV研究所で被検体として利用した。こうして生み出されたスーパーミュータントたちは典型的なミュータントとしての特徴を見せた。異常に大きい体積や寿命の長期化、放射能への免疫などである。Vault 87のスーパーミュータントのように、彼らの体は年を重ねるにつれてより大きく成長していった。FEVに曝された後、被験者に対して社会実験を行い認知機能や処理能力を測るため、個別の部屋に閉じ込められた。これらの実験では積み木のパズルを解く、ボードゲームで遊ぶ、家猫と触れ合わせるといったものが行われたが、いずれもスーパーミュータントが持つ暴力的な資質により失敗に終わった。失敗作と見なされた被験者は全てウェイストランドに追放されたため、2287年の連邦でスーパーミュータントが現れた原因となっている。インスティチュートは犬に対しても実験を行っており、こちらも失敗作が地上に放たれ、ミュータントハウンドと化している。

インスティチュートによるFEV実験は最終的に罪のない命を奪うことに罪の意識を感じたバージルが計画を放棄したために中止することとなる。彼が実験データを破壊してインスティチュートから脱出する最中、彼は自分自身にFEVを投与し、スーパーミュータントへと変貌する。これは厳しい環境の輝きの海で生きていき、インスティチュートから身を隠すためであった。バージルは非常に純粋なDNAを持った人間であったため、ほとんどの変異体に発現するような知能の低下に屈さず、知性や記憶、及び礼節を完全に保持していた。これはマスターが使用していたFEVと共通する効果である。

インスティチュートによるスーパーミュータントの生産が終了しているにも関わらず、連邦のスーパーミュータントの存在は未だに日々の脅威である。しかし彼らにはFEVを手に入れる手段が無く、彼ら自身がどのように作られたのかという知識も無く、適切な指導者が居る訳でもないため、彼らはレイダーよりも強力な存在でしかない。彼らの生きる上で目的にしているのは可能な限り殺し、征服することだけである。

アパラチアとFEV編集

アパラチアにおいて、FEVはウェストバージニアのウェストテックによってハンターズビルの市民に対して実験のために使われていた。大戦争以前、ウェストテックは町の水供給源に他のFEVよりも効果が出るまでに時間がかかるウイルスを混入させた。大戦争からしばらく経ち、生き延びた街の住民たちはスーパーミュータントへと変異していった。

FEVの種類編集

大戦争以降、五種類のそれぞれ違ったFEVの存在と、一つの噂が知られている。FEVはFalloutシリーズにおいて主要な変異の原因であるため、悪役が彼らの目的を達成する手段としてよく用いられる。

マリポーサのFEV菌株編集

マリポーサ軍事基地で開発されたオリジナルのウイルス菌株であり、後にマスターユニティ、西海岸のスーパーミュータントたちの軍団の誕生をもたらした。これらのスーパーミュータントはエンクレイヴの科学者の実験によって能力が高められたフランク・ホリガンも含み、全てこの菌株によって作られたものである。その他のケンタウロスやフローター、グールに非常に近いミュータントであるハロルドタリウスもまたこのウイルスによって作られている。マスターはこのウイルスを使って人間を作り替え、自らが夢見る歪んだ景色をもたらすことを望んでいた。軍は中国にスーパーミュータントに非常に近い何かを介抱することを目論んでいたことがFallout 3の要塞でのターミナルで判明する。マスターによって行われた最初のFEV実験を生き延びた多くのミュータントはモハビウェイストランドのような土地への移り住んだ。

Vault 87のFEV菌株編集

この改良されたFEVはキャピタルウェイストランドのVault 87において発見された。この時はリーダーの存在無しにスーパーミュータントの軍団が作りだしていた。この菌株は変異以前の性別の兆候を完全に消し去り、年を取るにつれて更に大きな生き物へと変化させていく。Vault 87でそれらをより多く生産する為にスーパーミュータントたちはこのFEV菌株を使用している。Vault 87の設計を見ると、このFEVは気体の状態で管理されていたことが分かる。このFEV菌株はマリポーサのものと同じように、ケンタウロスとして知られる失敗作を誕生させた。

FEV Curling-13の菌株編集

主要記事: FEV Curling-13

ディック・リチャードソンによって率いられていた頃のエンクレイヴは彼ら自身のFEVを制作していた。それは空気感染する性質を持ち、ベルチバードを用いて北米からジェット気流に乗せてアメリカ本土中に撒き散らす予定だった。これを生み出したのはエンクレイヴの科学者であるDr.チャールズ・カーリングであり、このウイルス菌株は核戦争後の米国に存在する"ミュータント"の住民たちを一層するために作られていた。

エデンのFEV菌株編集

主要記事: Modified FEV

2242年のカリフォルニア沖に存在していたオイルリグの司令部が破壊された後、エンクレイヴはキャピタルウェイストランドに再び結集していた。オイルリグの生き残りたちは破壊の最中にリチャードソンの改良型であるCurling-13のFEV菌株を持ち出していた。リチャードソン大統領の後継者であるエンクレイヴのリーダー、ジョン・ヘンリー・エデン大統領は意識を持つ人工知能であり、個人的にウイルスを改良し、ウイルスが空気感染ではなく水溶性になるような改造を行った。大統領はリチャードソンの計画を引き継ぎ、米国から全てのミュータントを一掃するために今回は浄化プロジェクトを利用することを計画した。それはポトマック川の放射能汚染を浄化し、キャピタルウェイストランドの人々に綺麗な水を提供することを目的とした独自の取り組みであった。もしも孤独な放浪者が浄化プロジェクトをFEV菌株に感染させることを選んだ場合、スリードッグはウェイストランドの人々が謎の病に罹り始めたのは浄化が始まってからだと言い、最後に「水は自由だが必ずしも綺麗ではない」と告げる。

インスティチュートのFEV菌株編集

インスティチュートの科学者たちは108年に渡ってFEVの菌株の実験を行ってきた。[6] そのために連邦から市民を拉致し、人造人間の複製と入れ替える必要が発生していた。彼らは被験者を使って実験を行った後は、その被験者を地上に解き放った。Vault 87の菌株と同じように、インスティチュートの菌株によって生まれたスーパーミュータントは年を取るにつれて更に大きく成長していった。

ブライアン・バージルによって管理されていたある一つのインスティチュートの菌株は治療法が存在した。唯一の生存者は彼に感染しているFEVを治療するために試作型血清を入手することができる。バージルによると、この血清は大多数のスーパーミュータントに対しては有効ではないとされる。

ハンターズビルのFEV菌株編集

ハンターズビルの菌株はウェストテックによって作られ、インスティチュートの菌株と非常によく似ており、その他の菌株とは異なっている。ある種の効果は変異する際に放射能を必要としないように思われる。

少なくとも二つの独特な組み合わせによるFEV菌株がウェストテックによって作成されていた。スーパーミュータント以外の変異を引き起こした人間の宿主としてはスナリーギャスターを生み出したFEVS-006443の菌株と、グラフトンモンスターを生み出したFEVS-006458の菌株の二つである。これらの情報はウェストテック研究センター先端変異研究所のターミナルで被検体AM52、被検体AM53の項目で確認できる。

Vault-Tec's FEV strain編集

FOBoSLogo情報はFallout: Brotherhood of Steelに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

A secret Vault-Tec installation known as the Secret Vault was uncovered by the super mutant remnants of the Master's army, who were led by a super mutant named Attis. Attis revealed that Vault-Tec's scientists had intended to further improve the FEV. The super mutants saw the FEV as a chance to use as both a bio-weapon and as a key to humanity's evolutionary future, which is why they were determined to overcome the virus' primary disadvantage: the sterility it produced in mutants infected by it.

Attis proved unsuccessful in making FEV mutants fertile. However, the resulting Vault-Tec FEV strain provided mutants infected with new features such as faster cell regeneration and increased brain mass. The living bio-weapons created by this modified FEV included the unusual species of radbugs native to Texas, and the horrifying experimental deathclaws. When Attis, who was already transformed into a super mutant by that time used the modified strain on himself, he started to regenerate more rapidly and grew much larger; eventually becoming a giant, rapidly-multiplying, multi-cellular organism, which was destroyed by an explosion caused by the protagonist.

FOBoSLogoFallout: Brotherhood of Steelに基く最終的な情報です

Appearances編集

The Forced Evolutionary Virus appears in some form in all Fallout games.

Videos編集

Fallout Cutscenes The Dipping

Fallout Cutscenes The Dipping

References編集

  1. ZAX.MSG: Lines 129 & 134 indicate ZAX 1.2 is fallible but intentionally so it could learn. Lines 135 & 154 are ZAX's defense of its authority on subject material. Line 134 also states certain functions are not subject to error but these functions are not specified.
    For biochemical description, see lines 157 & 166.
    Note: A protein sheathe reinforced with ionized hydrogen would not come close to rendering something the size of a virus capable of absorbing or repelling a neutron (or gamma radiation). Instead, the virus would almost certainly be destroyed.
    For pre-programmed introns, see line 169.
    For exon copying and insertion, see lines 157 & 158.
    Note: The FEV most closely resembles a retrovirus which inserts RNA into a host cell which then uses reverse transcriptase to express the viral genes. The exons are described in correspondence to this resemblance but the introns are not.
    For recursive code, see lines 170, 172, & 173.
  2. ZAX.MSG:
    For sterility details & confirmation, see Line 179
    Vree's autopsy report#Transcript
    For sterility confirmation, see Hypothesis paragraph 2, sentences 5 & 6.
    HAROLD.MSG: Harold is notorious for making crude jokes and maintaining a jocular demeanor in speech. Despite this, his experience is unique and his insight noteworthy.
    For potential sterility confirmation, see line 257.
    MASTER.MSG:
    For cause of concern, see discourse of Lines 133, 135, 146, 149, & 153.
    MIS 10 Speech.txt#General Dekker: See also: Jefferson (mission) & Jefferson (town)
    For Gammorin's Army's interest, see Situation A01
    For bargaining chip, see Situation B02
  3. LT.MSG:{194}{LIEUT30}{The FEV was mutated by the war radiation. Those living in this desolate wasteland have been exposed to this mutant FEV, essentially inoculating them from the full effects.}
  4. ZAX.MSG:{173}{}{This recursive growth leads to an increase in muscle and brain mass, but is often accompanied by disfigurement and damage to existing neural patterns, causing loss of memory.}
  5. ZAX.MSG:{162}{}{FEV is not 'caught', per se. It is not air-transmittable. Typically, infection is through injection, or direct physical contact with an FEV sample.}
  6. BioScience division report, 2178: "Uhh... This is Doctor Elliott, with the official report for the Directorate from BioScience. The date is, umm, August 2178. I'm pleased to report that, as has been the case during my tenure, crop yields exceed expectations. In point of fact, everything down here is fine... with... one notable exception. Doctor Frederick has informed me that the Directorate has pre-approved research on samples of the FEV virus, which he already has in his possession. Now, I'm not one to question the Directorate... you all know that. I don't even want to know where this came from. But... well, this is troubling. Dangerous, possibly. I will do my best to make sure risks are minimized, but I really do hope that the consequences are understood."
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。