Fandom



Icon disambig
このページは ゲーム自体 についてのものです。 『Fallout』関連記事のがいせつ については、Portal:Fallout をご覧ください。
『Fallout』の世界のがいせつ記事 については、Falloutシリーズ をご覧ください。
Fallout
A Post Nuclear Role Playing Game
Boxart
デベロッパーBlack Isle Studios, Interplay Entertainment
パブリッシャーInterplay Entertainment (PC)
MacPlay (Macintosh)
Edusoft (ARG)
リリース日September 30, 1997
ジャンルRole playing game (RPG)
モードSingle player
プラットフォームDOS, Microsoft Windows, Macintosh (Classic), OSX
メディア1 CD
システム要件Intel Pentium 90 CPU; Microsoft Windows 95 or higher, or DOS 5.0 or higher; 16MB RAM; 2x CD-ROM drive; DirectX 3.0a (if playing on Windows); 1 MB VESA-compliant SVGA graphics card; Sound Blaster compatible sound card
 
Gametitle-FO1
Gametitle-FO1

In 2077, the storm of world war had come again. In two brief hours, most of the planet was reduced to cinders. And from the ashes of nuclear devastation, a new civilization would struggle to arise.

— The Narrator, Fallout intro

Fallout: A Post Nuclear Role Playing Game, Falloutを簡単に要約すると Interplay傘下のDragonplayによって開発され、自費で9月30日に発売された。1997年にFalloutシリーズが初めて発売された。当時は、スティーブ・ジャクソン[1]GURPSシステムを採用していた。しかし1997年2月12日にGURPSを取り下げる決定を下し、SPECIALシステムを自社開発した。FalloutはInterplayが1987年に発売したCRPGであるWastelandからの"精神的続編"とされている。デザイナーは沢山の提案を出しArmageddonというタイトルに決まった。しかし、他のInterplayの計画でこのタイトルが使用されるということが発覚し、もう一度変えざるを得なかった。そしてチームのお気に入りとして残った名前Falloutが採用された。[2]

ゲームプレイ編集

Fallout is an RPG or role-playing game with turn-based combat and a pseudo-isometric view.

Character attributes編集

FalloutはSPECIALというキャラ作成システムを使用する。
SPECIALはStrength, Perception, Endurance, Charisma, Intelligence, Agility, and Luckの略語。
これは7つの基本的な性質であり、特定キャラのスキルとperksを決定する為に使われる。
開発者は当初GURPSシステムの使用を意図していたが、後の開発工程において新しいSPECIALシステムへと移行した。

『Fallout』はSPECIAL(スペシャル)というキャラクター作成システムを用いている。SPECIALはStrength、Perception、Endurance(たいせい)、Intelligence(知能)、Agility、Luck(運)のアクロニム。

スキル編集

主要記事: Fallout skills
ゲーム内には18種類のスキルが存在し、0から200%までランク付けられる。
このスキルの1レベルにおける初期値はプレイヤーの基本性質或いはSPECIALによって決定されるが、概ね0%から50%になる。
レベルアップの度に5ポイント+intelligence値の二倍のスキルポイントを得られる。
タグスキルを選ぶ事ができ、それらは2倍の割合で成長させられる。

このゲームには18の異なるスキルがある。0%から200%のランク付けがされる。

  • Six combat skills: Small Guns, Big Guns, Energy Weapons, Unarmed, Melee Weapons, Throwing.
  • Eight Active skills: First Aid, Doctor, Sneak, Lockpick, Steal, Traps, Science, Repair.
  • Four passive skills: Speech, Barter, Gambling, Outdoorsman.

ゲーム中に見つかるスキルブックは永続的にスキル値を向上させる事が出来るが、ゲーム序盤では殆ど見つからない。
しかし、スキル値が一定に達してしまうと本からの上昇効果は得られなくなる。
幾らかのNPCはトレーニングを通して同様にスキルを向上させることができる。
スキルがどの程度まで向上するかは、キャラクターの性質にかかっている。
例として、低intelligenceの者は、scienceスキルを高intelligenceの者と同等までは上昇させられない。

いくつかのスキルは、特定のアイテムを装備している事によって向上させられる。
例として、ロックピックはロックピッキングスキルを向上させる。
薬品は一時的にスキルを上昇させるが、中毒や離脱症状など副作用を持つ。
スキル値が高くなれば、それだけ要求スキルポイントも高くなる。

Traits and perks編集

主要記事s: Fallout traits, Perks
キャラクター作成において、プレイヤーは異なった二つのtraitとperksを選択できる。
traitはプレイヤーの特別な生い立ちを表し、その殆どはゲームプレイにおいて重要な効果を持つ。
また、利点欠点を併せ持つ。
キャラクターシートにおいてはperksの下に位置する。
traitは一度選ばれると、変更不可だが、Mutate!のperkによって一度だけ変更可能だ。

Plot編集

Setting編集

主要記事: Fallout world
このゲームは、2077年10月23日に起きた核戦争"The Great War"後のpost-apocalyptic worldを舞台とする。
戦争は2時間以内に終わったが、莫大な損害と破壊を引き起こした。
大戦争の前には資源戦争があり、その間に国連は解散し、
FEVウイルスは合衆国を誇大妄想へと導き、カナダは併合された。

2161年、大戦争から84年後の南カリフォルニアを舞台とし、主人公の故郷であるVault13から物語は始まる。
Vault13の水質浄化と汲み上げを担うwater chipが故障しており、監督官は主人公に代替品を見つけるよう命じる。
彼らは"Pip-Boy 2000"と呼ばれる携帯端末を与え、これはマップ探索の軌跡、探索目標を維持、簿記の側面を持つ。
武器とPip-Boy 2000そして乏しい装備で、主人公はカリフォルニアの廃墟へwater chipを探す旅へ出る。

Characters編集

主要記事: Fallout characters

Protagonist編集

Falloutのプレイヤー或いは主人公は、Vaultと呼ばれる政府建設シェルターの住人だ。
後続のFalloutゲームでは"Vault Dweller"と言及される。

主人公は特別にFalloutの為開発されたSPECIALキャラクターシステムによって管理され、
これはシリーズの他の作品でも見られる。

ゲームの終わりに主人公はVault13を追放され、結果的にFallout2の開始点であるArroyoを見つける。
Fallout2の主人公であるThe Chosen Oneは、このVault Dwellerの子孫だ。

Recruitable non-player characters編集

post-apocalyptic wastelandにおいてプレイヤーを助ける為、様々な雇用可能non-player charactersが存在する。
Fallout2と違い、Falloutでは仲間の人数制限はない。
Non-player characterの統計とアーマーはゲーム全体を通し変化せず、武器のみがアップグレード可能。

  • Ianは以前キャラバンの護衛だった男で、Shady Sandsで見つけられる。

       プレイヤーが最初に出会うであろう雇用可能キャラクターだ。

  • Dogmeatは雇用できる唯一の動物キャラクターだ。

       JunktownのPhil's houseの外で、Philが家に入るのを妨げている所を発見できる。
       Dogmeatを懐柔するにはレザージャケットを着た主人公か、iguana-on-a-stickが必要だ。

  • Tychoは元Desert RangerでJunktownに住んでいる。彼はライフル、ショットガン、槍を巧みに使いこな  す。
  • KatjaはFollower of the Apocalypseの幻想から逃れた人間で、LA Boneyardの図書館で見つけられる。

        素手で戦え、SMGを使いこなす。

Story編集

プレイヤーは当初、Vaultの水供給が尽きるまで150日間(監督官によると4,5ヶ月)の猶予を持つが、
これはHubの水商人に手数料を支払いVault13へ水を送る契約をする事で、100日間延長することが出来る。
water chipを持ち帰るとすぐに、人類を脅かすミュータントの軍隊を壊滅するように指示される。
The Master(以前はRichard Grey)として知られるミュータントは、戦前のForced Evolutionary Virusと
呼ばれる遺伝子操作ウイルスを、人間を "super mutants"へ変化させる為に使用し始め、
Unityの名の下に完璧な世界の為、それらを集結させていた。
プレイヤーは彼を殺し、同時にFEVの供給源であるMilitary Base を破壊、そのように侵攻を止めるのだ。

もし、500日以内に二つの目標が達成されなかった場合、ミュータントの軍隊はVault13を発見し、侵略、
ゲームの終わりをもたらす。
この時間制限は、水商人によってVault13の場所が漏洩されることにより400日まで短縮される。
もし制限内にミュータントの進軍を止めるタスクを失敗した場合、プレイヤーが失敗した事を示し、
ミュータントがVaultを制圧する映画調のカットシーンを見ることが出来る。
もしプレイヤーがミュータントの軍隊に参加する同意をした場合も同じ映像が流される。

ゲームver1.1では、Vault13へのミュータントの攻撃リミットは殆ど除外されいる(最大で3年まで)
これはプレイヤーが余暇を使い、ゲームの世界を探索できるようにする為だ。

プレイヤーはMasterの打倒と軍事基地の破壊をどちらからでも行う事ができる。
両方の脅威が取り除かれたとき、カットシーンが続き、プレイヤーは自動的にVault13へ帰還する。
そこでは、主人公達が偉大な仕事をVaultと全ての人類に対して成し遂げた事を伝えられるが、
主人公が中へ帰れば誰もがVaultの外へ出ることを望んでしまうので、Vault Dwellerは
Vaultの平和の為に立ち去らなければならない。
このようにして、Vaultの平和の為、監督官の監視の下、主人公達は砂漠に追放される事をもって
それを報酬とされるのだ。
正史ではない代替のエンディングとして、主人公が監督官を撃ち殺すものがある。
(ゲーム全体を通し重大なカルマの低下を引き起こす"Bloody Mess"のtraitを取得していた場合。或いは手動で行動を起こす為。)

Fallout3.4はFallout PNRPGのストーリーを模倣している。
Vaultを出て、大きな居住地に到達する前に小さな町に出会う。
after this the player solves their initial goal, only to be greeted by a larger problem, and aided by a BOS like entity, where they can ether side with, or destroy this new problem.

ゲームぶたい編集

主要記事: Fallout locations

Vault 13編集

主要記事: Vault 13
Vault13は主人公の故郷であり、彼の初めの仕事は故障したWater Chipの代替品を見つけることにある。
監督官の指揮の下居住者は保護されており、Vaultの外へ出る事は許されていない。
Vault13は位置的に、ホイットニー山の下にあると思われる。
同様に、B-Mountainと知られるNaval Air Weapons Stationの境界内にある、Indian Wells Valley
に関しても言及される。
この山はゲーム内ロケーションのイラストによく似ていて、地下に研究施設があると噂されている。

Vault 15編集

主要記事: Vault 15
Vault15には、異なった主義・文化を持つ様々な人々が居住していたが、
人口過密また多様化によって、4つのグループが離脱した。
それらの内3つが、the Khans・Vipers・Jackalsと呼ばれるレイダーとなり、
the KhansはShady Sands周辺に居住する。
Vault15は現在、幾らかの変異した動物の巣となっている。
ここは恐らく、ウォーターチップを求めるプレイヤーが初めて訪れる場所となるが、発見する事は出来ない。

シェーディ・サンズ 編集

主要記事: Shady Sands

Vault 13とVault 15の間にある小さな村であり、元Vault 15居住者が見られる。 シェーディ・サンズはAradeshが統治している。 彼はVaultの住人に村の脅威であるラッドスコルピオンの駆除を依頼する。ここでは Ianを仲間にすることができる。彼はガンマンであり旅人として経験がある。 またAradeshの娘Tandiも彼女が誘拐された後村に戻らなければ仲間にできる。 村の中心部には記念碑があり"In remind of hope and peace"と記されている。

Khans raider camp編集

主要記事: Khan Base
Khansとして知られるレイダーの一族。リーダーはGarlで、Shady Sands付近にキャンプを設置している。
Aradeshの娘であるTandiは彼らに誘拐されるが、救出に関しては主人公に委ねられ、方法は様々だ。

Junktown編集

主要記事: Junktown
Junktownは大破した車の山に囲まれた街であり、
創設者の孫であるKillian Darkwaterはショップオーナーと保安官を兼任する。
Junktownのゲートは夜は閉められ、自己防衛を除いて武器を取り出すことは許されない。
カジノのオーナーであるGizmoは、商売の邪魔をされるという理由でKillianの死を望んでいるが、
どちら側に付くかはプレイヤーに委ねられる。
この街ではレンジャーであるTycho、野犬のDogmeatをグループに加えられる。

The Hub編集

主要記事: The Hub
主要な商業都市であり、ゲームにおいて最もクエストの豊富な場所だ。
幾つかの地区に分けられており、それぞれは権力者のグループによって統治されている。
the Water Merchants, the Crimson Caravan そして the Far Go Traders.
プレイヤーはWater Chipを探す際に、Water Merchantsに依頼する事で制限日数を延長する事ができる。
大まかな場所は、カリフォルニア州ランカスターと一致する。

Necropolis編集

主要記事: Necropolis
以前はカリフォルニア州ベーカーズフィールドだった場所の廃墟である。
グールによって制圧されており、地下には大規模な下水道が存在する。
NecropolisはVault12の影響で成り立った。
Vault12は扉を閉めることをさせず住民を莫大な放射能に晒す趣旨の元、Enclaveによって設計された。
これは大戦争の後、住民のグール化を引き起こした。
グールは以下3つのグループに分かれる。
地表に住む者は最も数が多く、グールで無い者や部外者に誇大妄想を持つ。
Glowing onesは重度に放射されたグールで、同種からも嫌われている。
都市下水道に住む者はUnderground ghoulと呼ばれる。
プレイヤーはこの地でWater Chipを発見できるが、同時にミュータントの侵攻を目にする。後にこれが、人類の未来に深刻な影響を及ぼす事になるかもしれない。

Boneyard編集

主要記事: Boneyard
The BoneyardまたThe Angel's Boneyardとして知られるこの場所は、ロサンゼルスの風景が残る場所だ。
ここはプレイヤーが後に訪れるであろう街の一つで、ゲーム終盤の装備強化を受けられる。
turbo plasma rifle と hardened power armor.
同様にプレイヤーはKatjaを仲間に出来る。

Lost Hills Bunker編集

(shown simply as "Brotherhood of Steel" in the Pip-Boy 2000)

主要記事: Lost Hills

Brotherhood of Steelの本部。
大戦争以前の合衆国軍また政府から支援を受けた科学者コミュニティにルーツを置く組織である。
基地は、地表に近い一階から地下深くの四階まで地下四階で構成される。
0階は地表の入り口部分だ。

The Glow編集

以前はWest Tek Research Facilityだった場所だが、現在では放射された廃墟だ。
レーザーまたプラズマ武器の実験が行われていた場所で、さらにFEVとパワーアーマーの開発が実施されていた。
The Glowは"ZAX"と呼ばれる大型コンピューターによって管理されている。
Brotherhood of Steelの試験に際し、この場所に入った証拠として同組織員の死体からHolodiskを入手できる。
この課題の困難な点としては、The Glowの放射能が非常に高く、生き残る為にはanti-radiation drugsを使用しなければならない。
ここの放射能に気付けなかったプレイヤーは、放射能汚染に屈服する事になるだろう。

Mariposa Military Base編集

以前軍事基地だったこの場所では、FEVの研究が行われていた。(West Tek Research Facilityの後任施設)

ここが、新しいスーパーミュータントを作り出している場所だ。

The Cathedral編集

主要記事: Cathedral
The CathedralはMasterの計画の隠れ蓑であるChildren of the Cathedralのある場所だ。
Cathedralの地下にはMasterの居住する隠されたVaultがある。

Production編集

開発者編集

Fallout開発チームは100名近いメンバーを持った(殆どがartist)。
確かに殆どの開発メンバーがFalloutのリリース後離散したが、
その内3分の1は、Fallout2を担当する Interplay's Black Isle部門を構成した。
幾らかの人員は後の計画の為仕事を続け、重要開発者達はInterplayに残りTroika Gamesを形成した。

音楽編集

主要記事: Fallout soundtrack
FalloutのサウンドトラックはMark Morganによって作曲された。

国際版編集

このゲームは国際バージョンにおいて検閲が行われ、幾つかのヨーロッパバージョン(イギリスやドイツ版)において全ての子供が削除された。
この検閲は恐らく、奨励されていたと言う訳ではないが、ゲーム内において子供が殺される危険性があるという事で行われた。
(対照的に、プレイヤーの自由意志による可能性は残されていたにせよ、ゲーム内の活動はこれを思いとどまらせるものだった)
その結果として、NPCからの非友好的な返答、賞金稼ぎが恒常的また繰り返しプレイヤーを襲う、そして
冒険中に様々なNPCがプレイヤーの支援を拒むなどが現れた。
多くのゲームプレイヤーに不満を募らせた事に加え、ゲームからの子供の削除は幾つかのバグを発生させたと知られる。
ゲームに子供を戻すファン制作のパッチでは、検閲とバグの両方が除かれている。

Current availability編集

新しいパッケージ版が時折発売され、基本は一つのDVDにFallout2とFallout Tacticsが同梱されていた。
FalloutはGameTapのゴールドメンバー、時々フリーメンバーも入手可能(GameTapクライアントが必要)
であり、GOG.comでも購入可能(DRM-free version)。
Interplayは彼等自身のFallout, Fallout 2, Fallout Tactics DRM-free copiesをセット販売している。

2014年初頭、SteamではGOG.com同様、Fallout2,Tacticsと同様にFallout1が権利の変更により削除された。
Bethesdaはゲームを確実にSteamに取り戻すと述べたが、他のplatformに戻るかどうかに関しては、確証をしなかった。
2014年6月中、Steamにゲームが戻り、一方で2015年8月再びGOG.comを通し入手可能となった。

Film adaptation編集

主要記事: Fallout (film)
Interplay Entertainmentの一部門であるInterplay Filmsは、会社で最も人気のある7つのビデオゲーム(Falloutを含む)を映画化する為、1998年に設立された。
2000年、Fallout映画化計画においてInterplayはDark Horse Entertainmentと提携を結ぶよう提案を受ける。
Brent Friedman (Dark Skies, Mortal Kombat II) は脚本を制作。
結果として、Interplayの脚本が映画となる事はなく部門は解散された。

2011年3月、Nukapediaが起源を共有するThe Vaultにおいて完全な映画脚本が公開された。

Gallery編集

Videos編集

  • Fallout A GURPS Post-Nuclear Adventure PC Games preview

    Fallout A GURPS Post-Nuclear Adventure PC Games preview

  • Official Fallout A GURPS Post-Nuclear Adventure Promo

    Official Fallout A GURPS Post-Nuclear Adventure Promo

Early concept vision編集

At the Game Developers Conference in San Francisco, held from March 5–9, 2012, Timothy Cain of Obsidian Entertainment held a presentation about the original Fallout' s early development stages. Afterwards, a post-mortem document was released which describes the game's development progress and shows how the team overcame the many difficulties they faced from '94 till its release in September '97. It also provides several early concept art images.

外部リンク編集

参考編集

  1. Steve Jackson games
  2. The team proposed a bunch of names. We settled on Armageddon for a brief time, but found out another Interplay project was going to use that, so had to switch again. Fallout was team's favorite among the remainder. The other Armageddon was canceled shortly thereafter, but since we had already announced Fallout, it was too late to change back.[1]
Copyrightこのページのコンテンツはすべてまたは部分的にフリー百科事典ウィキペディアからコピーされており、それゆえにクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植のもとでライセンスされています。 オリジナル版とその履歴と著者はウィキペディアのページで見つけることができます。 "Fallout (computer game)".
he:Fallout
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。